準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

暗号資産Sparkトークン(FLR)の付与対応方針の決定-Spark トークンの全貌を徹底解説-

XRP保持者に対して、FLRトークンの付与指針が決定し、将来的には国内の取引所でも取り扱われるようになってくると思われます。FLRトークンは、独自のフレアネットワーク上で活用され、スマートコントラクト機能の実装や将来的にDeFiの構築など行おうとしてお…

年末年始まで続くビットコインバブル相場-天井高値はどこか見極める-

様々な人がビットコインの天井予想をしており、その幅は$70,500-$500,000と差が大きい状態です。何が正解かはわかりません。しかし、利益確保のため、一定価格ごとの部分利確していくことはありだと思います。もし上値で利確損なうと、利益がどんどんなくな…

遂に念願のビットコインETFが承認され、機関投資家参入へ!!-ゴールドETFの背景からビットコイン価格を予測する-

ビットコイン先物ETFが承認され、現物ではないものの、市場へのインパクトや投資家心理に与える影響は大きいものと思われます。ETF承認により、機関投資家が参入しやすいことや二の足を踏んでいた個人投資家の流入が期待できます。そして、ゴールドETFが承認…

私が支出の見直しや投資に目覚めたきっかけ-保険から始まり、投資までの道筋-

今回は、私が保険から始まり、投資までの興味を示す道筋を書きました。人それぞれ事情はあるでしょう。しかし、他人に左右されることなく、自分で調べ尽くして得た結果は、誰にも揺るがすことのできない信頼を得た考えです。その軸となる考えができたのであ…

個々の特徴から、自分にとってベストな投資戦略を-我が道を行く-

人それぞれの個性があり、自分の特徴を把握する必要があります。パーソナルファイナンスの観点から、収入・支出・投資によって、3パターンに分類されます。リスクを好む投資家タイプであるハスラー、特別なスキルを会得している投資家、支出を最大限に抑える…

個別銘柄での分散投資の重要性-最低でも分散投資しなければならない銘柄数は決まっている-

投資の次のステップとして、個別株投資での分散投資をし始める人も多いと思います。しかし、分散投資は個々の銘柄に及ぼすリスクは低減できますが、株式市場全体の連動するリスクは低減できません。分散投資は、最低30銘柄もしくは60銘柄分散投資をすること…

米国株投資は、全米株式とS&P500のどちらを選択するべきか

今回は、全米株式・S&P500のどちらが投資の最適解かということに関して、メリット・デメリットをあげて説明してきました。どちらも分散投資による効果は十分であるため、論点は中小型株へも投資するか、予測しやすい投資先を選択するかということになるかと…

居住地を変えることでよりFIREをしやすくする-国内アービトラージ-

地理的アービトラージをすることで同世代の人よりも早くFIREを達成することができます。これは、国内でも応用できると私は考えています。東京-沖縄を比較すると年収が2倍弱異なってきます。収入が高い地域で稼いだ後に、生活コストの低い地域へ移住すること…

子供の発達段階に合わせた金融教育方法を-子供の頃からお金の英才教育を-

日本では、お金の話は悪しきものと捉えられ、家族間では話し合うことがほとんどありません。これでは、金融教育が進みません。そのため、お金の話をオープンにして、子供の頃からお金の話題について触れる必要があります。子供へは、実体験に基づいた教育が…

ビットコインETFは1週間後に承認される!?その理由は?-10月中に承認される可能性75%-

ビットコインETFを申請しているProShares社の承認期限が10月18日に迫っており、今月中にもビットコインETFが承認される確率が75%と予想する専門家もいます。Twitterで暗号資産市場を賑わしていたイーロン・マスクが静かであることを考えると、遅くとも今年中…