準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

暗号資産

暗号資産Sparkトークン(FLR)の付与対応方針の決定-Spark トークンの全貌を徹底解説-

XRP保持者に対して、FLRトークンの付与指針が決定し、将来的には国内の取引所でも取り扱われるようになってくると思われます。FLRトークンは、独自のフレアネットワーク上で活用され、スマートコントラクト機能の実装や将来的にDeFiの構築など行おうとしてお…

年末年始まで続くビットコインバブル相場-天井高値はどこか見極める-

様々な人がビットコインの天井予想をしており、その幅は$70,500-$500,000と差が大きい状態です。何が正解かはわかりません。しかし、利益確保のため、一定価格ごとの部分利確していくことはありだと思います。もし上値で利確損なうと、利益がどんどんなくな…

遂に念願のビットコインETFが承認され、機関投資家参入へ!!-ゴールドETFの背景からビットコイン価格を予測する-

ビットコイン先物ETFが承認され、現物ではないものの、市場へのインパクトや投資家心理に与える影響は大きいものと思われます。ETF承認により、機関投資家が参入しやすいことや二の足を踏んでいた個人投資家の流入が期待できます。そして、ゴールドETFが承認…

ビットコインETFは1週間後に承認される!?その理由は?-10月中に承認される可能性75%-

ビットコインETFを申請しているProShares社の承認期限が10月18日に迫っており、今月中にもビットコインETFが承認される確率が75%と予想する専門家もいます。Twitterで暗号資産市場を賑わしていたイーロン・マスクが静かであることを考えると、遅くとも今年中…

暗号資産のレンディングサービスHashHub-ビットコインを貸し出し、国内最高水準の賃借料率を貰う-

暗号資産のレンディングサービスとは、暗号資産を貸し出すことで賃借料率に応じた暗号資産がもらえるサービスになります。売買予定がなければ、このようなサービスを利用し資産運用を行うことも一つの方法だと考えています。そして、HashHubは国内最高水準の…

ビットコインETFの足音が着々と近づいてくる-承認期限の延長は、投資家にとって朗報-

ビットコインETFの承認期限の延長は、投資家にとって朗報です。SECは、以前から取引情報の不透明性や市場操作・流動性の問題点など懸念を示していました。また、以前の申請企業もETFを申請するにあたって、経験不足な点を懸念していました。しかし、現在では…

徐々に理想に近づくお金-非中央集権であるビットコインこそが、理想的なお金-

現在の金融システムは、金本位制から管理通貨制度と変貌を遂げ、上手く機能しているように感じます。しかし、インフレ率などが通貨供給量によってコントロールできるのであれば、もっと狭い範囲で調整すべきではと提言しています。また、米ドルは、世界で最…

ビットコインに投資をするな-ビットコインが投資対象として敬遠される理由-

多くの人が自分の理解できないことを宗教や詐欺といった言葉で片付けようとします。しかし、それは誤りであり、理解しようとしません。それゆえ、ビットコインは投資対象として敬遠されています。しかし、本質を知ることで投資対象となり得るのではないでし…

米国SECによるビットコインETFがゲームチェンジャーになる理由

中国の暗号資産規制というのは、過去にも繰り返し発表されています。その度に大きな下落に見舞われていますが、最終的にその時が底となっています。そのことから考えても、将来的には、楽観的な予測が多く、ビットコインETF承認が控えているということを考え…

過去の傾向から、ビットコインの大相場を推測する-ビットコイン アノマリー-

過去の傾向から、ビットコイン相場は9月を起点に上昇トレンドを形成しやすく、年末から翌年まで上昇することが期待できます。しかし、アノマリーはあくまで上昇傾向ということであるため、必ずしもそうなるとは限りません。今後短期的な下落相場はあるものの…

ビットコインはまだ躍進し続ける-待ち焦がれるETF承認-

ビットコインETF承認は、過去から何度も繰り返し行われており、承認されることで機関投資家の投資マネーの流入が期待できます。その時には、ビットコインは大幅に上昇が期待できます。ETFを承認している国もありますが、アメリカが世界に遅れを取るとは考え…

【完全版】米国の暗号資産の法規制について-厳密な規制に乗り出す-

米国議会が暗号資産について、厳格な法規制に乗り出しています。それにより、マネーロンダリングの防止と投資家保護の確保ができるとされています。このように厳格な法規制をすることで市場環境を整備することは将来的にETFを承認するための布石だと思ってい…

NFT(非代替トークン)はバブルでいずれ弾ける-投資する価値なし-

NFTとは、「偽造不可能な鑑定書・所有証明書付きデジタルデータ」のことでブロックチェーン技術によって、コピーが容易なデジタルデータにも価値付加できるようになりました。しかし、NFT市場は半年間で10倍に取引高が増加しており、バブルの様相を呈してい…

ビットコイン取引国内最大手のbitFlyerでも積立投資が可能に-時間分散によるリスク軽減-

国内取引所でビットコインを売買するのであれば、取引量・顧客数・手数料・セキュリティの面からbitFlyer一択かと思います。また、積立投資においても多くの通貨を取り扱っており、パソコンがなくてもアプリでのサービス提供となるため、スマホがあれば利用…

誰でも簡単に暗号資産での安全なレバレッジ投資ができる方法

今回は、投資初心者さん向けということで誰でも簡単に暗号資産での安全なレバレッジ投資法ができる方法をお伝えしていきます。これは、私も実践しており、実施にあたり、リスクがある投資法であるため、マイルールを設定しています。初めて行うことは、誰で…

暗号資産ETH(イーサリアム)が今後も価格の上昇が見込める理由-より希少なアセットクラスに-

イーサリアムは、8/5のアップデートにより、トランザクションの手数料モデルが変更になりました。今回のアップデートにより、手数料高騰や発行上限がないことに対する是正策がなされ、一部手数料がBurnされることで、希少性が増し、一層の価格上昇が見込める…

始動。暗号資産での安全なレバレッジ投資法の実践-安全に資産の最大化を図る-

HashRibbonや週足MACDの指標によって、下落トレンドは終焉を迎え、上昇トレンドへと転換を迎えようとしています。短期的には下落する可能性がありますが、上昇の可能性が大きいと思われます。このような際には、レバレッジ投資法が資産の最大化を図るために…

ビットコインは、文明だ-世界屈指の投資家は、プロの投資家だが専門家ではない-

世界的に有名な投資家・投資機関といえどビットコインなどの暗号資産に対する批判は大きいのものです。しかし、投資家や投資機関は、専門的な技術を学んではいません。新しいテクノロジーによって、世界は大きく変わってきています。そのことを忘れてはいけ…

暗号資産が投資商品として認められるためには-法的整備/機関投資家の参入/投資環境の整備-

暗号資産が投資商品として認められるためには、世界的に法的整備や機関投資家の参入、投資環境の整備が必要です。それにより、投資商品としての安全性の確保や個人投資家の保護、相場の公平性の確保、投機の一面の抑制が図れます。そして、各国の機関投資家…

これから始まる暗号資産市場の上昇相場-HashRibbon遂にbuyサイン点灯。信頼度100%で上昇-

ビットコインのおける指標であるHashRibbonが遂に点灯し、buyサインが出現しました。今こそ、暗号資産の買い時だと言えます。直近安値から、すでに大幅上昇していると思い、投資を躊躇っていると、この千載一遇のチャンスを逃してしまいます。今こそ、勇気を…

【速報】信頼度100%のHashRibbonのbuyサインが遂に点灯!!!!

【速報】上昇確率100%の信頼度を誇るHashRibbonが遂に点灯しました。これから、暗号資産市場は転換の時を迎え、上昇していくものと思われます。最低でも+30%以上の上昇が見込めます。

暗号資産でレバレッジ投資を安全に行う方法-暗号資産×リスク・パリティ運用×ドル・コスト平均法-

リスク・パリティ運用は、低リスクの商品に対してレバレッジをかけることで、株式投資よりも低リスクで高リターンを達成することができます。これを暗号資産に応用することで資産の最大化を図っていきたいと思っています。しかし、暗号資産では値動きが激し…

暗号資産相場の上昇相場転換への兆し-まもなく再度上昇し始めるのか?-

暗号資産の相場の転換点になりつつある今、投資のタイミングかもしれません。今すぐに、大幅な上昇転換という訳ではありません。しかし、確実に相場環境は整いつつあると思います。暗号資産は、機関投資家の参入が可能となっていることなどの外部環境が整備…

暗号資産は、常に有価証券法とのリスクと隣り合わせである-投資家保護の重要性-

米国証券取引委員会の見解としては、有価証券として容認しようとしているものの、厳格な法整備はまだ不十分な状態です。そして、一部の暗号資産においては、裁判が行われているものもあり、今後敗訴となったとしても、先行事例として、さらなる法整備がされ…

暗号資産で注目される非代替トークン(Non-Fungible-Token)の将来性を考える。

最近、デジタルアートで数億円の価値がついたことやTwitterのジャック・ドーシーCEOの最初のツイートがNFT化されたなど多くの話題となりました。なぜ、そんなに価値がつくのか疑問につく方も多いと思います。今回は、その話題のNFTについて解説していきます。

暗号資産を販売所で買うな、取引所で買え-手数料を最大限支払わない方法-

投資をしていく中で、いかに手数料を安く抑えるかということが、利益の最大化を図るために重要なことです。これは、株式投資だけに言えることではなく、暗号資産にも同様のことが言えます。しかも、暗号資産を購入するにあたっては、スプレッドという大幅な…

暗号資産イーサリアムは、汎用性の高さから幅広い分野への応用が期待される

暗号資産は、たくさんある中で今回はイーサリアムを紹介しようと思います。暗号資産での時価総額ランキング2位であるイーサリアム(Ethreum)は、Vitalik Buterin氏によって開発されました。彼は、2014年にPaypalマフィアとも言われるピーター・ティールが運営…

日本政府も認める暗号資産の本質的価値とは?

ビットコインは、株投資家界隈で敬遠されている投資商品の一つです。4年前であれば、そのリスクの高さから故、敬遠されるのもわかりますが、現在は投資商品としての地位を確立してきています。そのため、食べず嫌いではなく、しっかりと基礎を固めていかなけ…

ビットコインに投資する価値はあるのか?

ビットコインは2008年に誕生し、ブロックチェーン技術を利用した中央管理者のいない決済システムです。しかし、現在決済システムの役割としては、まだ不十分です。今後、通貨としての3の定義を満たす必要があります。決済手段、価値の尺度、価値の貯蔵を満た…