準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

金融教育

資産運用の優先順位を考え、投資に回す-余剰資金は投資へ、複利の力を活かす-

投資は外でもない自分の為にするものです。そして、投資をするということは長期にわたって、資産形成を行うことで経済的自立による早期退職を目指せるということであり、自由への架け橋です。しかし、資産運用の優先順位としては、6番目です。まずは借金があ…

FIREを目指す者は、ミニマリストであるべきか?

ミニマリストとは、「倹約家で無欲な人」というイメージが大半です。実際は、不必要な物を出来るだけ減らし、必要な物だけで暮らしていくことです。私は、ミニマリストは物だけでなく、考え方も大きな要因だと考えています。小さな事に喜び、満足できるかと…

銀行や証券会社の窓口には行ってはいけない3つの理由

買う側にとって、「買いたい」商品が必ずしも売る側にとって、「売りたい」商品であるとは限りません。金融機関は、顧客から手数料を取ることで儲けを得ています。一般的に投資信託で3%程度、国債だと0.5%程度の手数料と概ね決まっています。銀行や証券会社…

【初心者にオススメ】サポート体制が充実したネクシィーズ・トレード(SBI証券)

ネクシィーズ・トレードは、金融商品仲介業を行なっています。ここで口座開設を申し込むとSBI証券の口座開設がされることとなり、基本的な部分に関しては、SBI証券を大きくは変わりません。そのため、NISA口座/iDecoといった非課税口座やWealthNaviなどの自…

楽天グループの株式を購入するな。しかし、楽天サービスは利用継続せよ。

楽天モバイルの事業投資により、楽天グループの財務状況は悪化しています。また、楽天モバイルの事業改革もすぐには難しく、さらなる事業投資でシェアの急拡大を図ることや楽天市場とのポイントアップサービスと連携をさらに深める、通信事業から撤退するな…

20歳代でマイホーム購入が激増-マイナス金利の効果-

先日、投稿されたニュースで、20歳代の持ち家比率が3世帯に1世帯は、持ち家としてマイホームを購入しているということでした。過去にないほどの低金利時代を迎えている今、20歳代で積極的に住宅購入がされています。しかし、賃金上昇率の低下や物価上昇率の…

【支出の最適化編】自動車購入・管理で支出を減らせ

自動車が一家に一台が当たり前となった現代、なくてはならない時代となっているように錯覚します。以前は、「車が男のステータス」や「車がないとデートに誘えない」といった時代もありました。しかし、本当にそうなのでしょうか?車の本質を理解し、本来の…

【支出最適化編】格安SIMベストプランを探せ。

これから、支出の最適化について投稿していこうと思います。支出の最適化と言っても、何から手をつけて言って良いかわからない。そんな方に見ていただけると幸いに思います。支出で最も負担になるのは固定費です。そんな固定費を削減することが支出の最適化…

【支出の最適化編】楽天経済圏を攻略せよ

ポイント経済圏は、現在2兆円もの規模を誇っています。ポイ活と言われる言葉があるぐらいなのでポイントが及ぼす影響力は強いものです。疑似通貨としての活用ができる点が大きいと思われます。その中でも楽天経済圏はポイントを貯める上で最適であり、生活圏…

最も重要な資産は、「人的資本」であり「有限」である

人的資本の価値は、年を重ねるほど漸減し、若いほど価値が高いものです。その人的資本の価値最大化を図るために最も重要なのは、能力を活かす時間です。その時間を創出することで初めて人的資本の最大化が図れるチャンスが巡ってきます。そして、それは支出…

生命保険は、いざという備えで投資ではない

近年の保険商品は、保険を取り扱っているものでないとわかりにくいほど複雑化しています。しかし、基本となるパッケージに加えて、特約というオプションで成り立っていることがほとんどです。それを複雑化させているのは保険種類の多さです。各社が他社と比…

間違っても保険貧乏になるな

人は、心配な生き物であるため、あらゆる部分に保険を掛けたがります。しかし、本当にその保険は必要かどうか考えたことはあるのでしょうか?保険会社も立派な金融機関です。貯蓄型生命保険などで「最終的には増えて返ってくるからお得ですよ」というフレー…

地獄の35年ローンを無理なく返済する4つのルール

住宅ローンは、35年と完済まで長き道のりです。ボーナスなしで420回、ボーナスありで490回もの難易度の高いミッションです。そんなミッションでも、無理なく返済する4つのルールを紹介します。

お金との付き合い方

お金に背を向けることは、お金に対しての知識を捨てることと同義です。死ぬまでお金が必要であるため、適切な知識をつけていく必要があります。そして、お金と付き合う3つのポイントを紹介。お金は「備え」「手段」「お金を生む」という側面があります。

投資は、金持ちのものという間違った考え

// 投資をするお金なんてない...とよく耳にします。しかし、それは間違っています。節約すれば1000円でも10000円でも良いんです。少額であっても、ゆくゆくは大きなお金となるのだから... 目次 まず少額であっても投資をしてみよう。 国も推奨の積立投資 投…

人はお金があれば幸福なのか?

// お金がないから、幸せではないという考えの人もいると思います。しかし、経済的な豊かさと幸福度は比例関係とは言い難いです。しかし、一定の収入がないと幸福度が下がるということも事実なので、お金の本質を知り、経済的豊かさはそこそこで心の豊かさを…

お金とは何かを考える。

// 日本にとって、「お金を欲するものは悪しきもの」のように扱われる文化があります。しかし、お金がなければ、生活すらできません。よく金の亡者とメディアにさらされていた人もいます。それは、日本自体が金融教育をしっかりと行ってこなかったために、出…

仕事での昇給よりも投資の方が効率が良い真実

// 実は、仕事での昇給額よりも投資効率の方が高いということがわかっています。今回は、それについて説明していきたいと思います。目次 賃金上昇率と投資利回りの比較 単利と複利 生涯投資家という考え方 賃金上昇率と投資利回りの比較 一般的に賃金は平均1…

自分の立ち位置を知り、資産形成と生活の防衛力を高めていく

資産形成の第一歩である自分の立ち位置を知ることで、より効率的に資産形成を目指す。そして、忘れてはならないのは生活防衛力。それによって、最強を資産形成を目指す。