準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

ビットコインに投資する価値はあるのか?

 

f:id:OT-Choco:20210629230445j:plain

 2008年10月にサトシ・ナカモトという人物が発表した論文を基に賛同した人たちがビットコインの誕生に尽力しました。その論文のタイトルは、「ブロックチェーン技術を使用した中央管理者のいない決済システム」です。

 

目次

 非中央政権とは?

 「中央管理者のいない」というのは、暗号資産界隈では、非中央政権と言われています。日本円であれば、日本銀行日本銀行券をして、円という通貨を発行します。そのため、円を大量に発行したり、逆に抑える事で市場に回る通貨をコントロールできます。それにより、景気の拡大縮小を図っています。

 

ビットコインが価値を持つ理由

 ビットコインは、発行上限として2100万枚と最初から決定されています。これを超えることは絶対にありません。埋蔵量が限られているということで金と類似しているため、デジタルゴールドと言われています。

 

どうやってビットコインは発行されているのか?

 ビットコインは、発行上限が2100万枚だが、金や貨幣と同じように現物ではないため、どう発行するのかという疑問が残るかと思います。ビットコインは、取引をブロックチェーンに記録していくために、演算をしています。演算といっても、人や市販のパソコンが計算しているわけではありません。その演算をすることによって、ブロックチェーンに記録され対価として、ビットコインが支払われています。この演算することをマイニング(採掘)と言います。金を鉱山から採掘することを想定して、ビットコインでもマイニングと呼ばれています。そして、たくさんの人でマイニングをすることによって、成り立っているビットコインブロックチェーンを繋げていっているため、ハッキングによっての損害を受けにくい仕組みとなっています。それはブロックチェーンは、1箇所でなく、分散して管理しているからです。

 

ビットコインハイパーインフレが起きないのか?

 ビットコインの発行上限があること、発行する時にも半減期といって4年に1度マイニング報酬が減少するイベントが発生します。そのため、一気に採掘して、独り占めだ...ということもできません。また、マイニング報酬が減少するということは、ビットコインの発行枚数が減少するため、年を重ねるごとに希少性が増していくと言われています。ここに関しても金と同じ原理です。採掘すればするほど、金の埋蔵量が減少していくため、金と同様に価値が上昇していくと言われています。。

 

ビットコインは、未来の世界通貨となり得るのか?

  1. 決済手段
  2. 価値の尺度
  3. 価値の貯蔵

 これに関しては、誰にもわかりません。神のみぞ知る..といったところでしょうか。しかし、通貨として成り立たせるためには、上記3つの定義を満たす必要があります。

 現在デジタルゴールドとして、認められつつあるビットコインは、3番の価値の貯蔵は達成されていると思います。しかし、決済手段としては、送金手数料が高く、現実的ではありません。送金手数料が安く済むLightning Networkというものもありますが、素人には難しく、誰でも導入できるわけではありません。また、価値の尺度としてもビットコインとしての価値はありますが、モノやサービスと結びついていない現状では、価値の尺度としての役割もまだまだ不十分です。

 

 投資対象としてポートフォリオに含む機関投資家や著名投資家、有名企業も多くあります。最近では、イーロン・マスク氏がTwitterで投稿するたびに値幅が上下するため、批判の的となっています。そのため、投機・投資対象としては、十分魅力的な商品となってきています。

 

ビットコインの欠点

51%アタック(リプレイアタック)

 ビットコインの欠点としては、51%アタック(リプレイアタック)によって、データの改ざんが行われるということです。簡単に説明すると、株式企業で51%の株式を取得した状態だと思ってください。51%を取得した場合には、その企業のことを思いのままにできますよね。ビットコインでは、マイニングのシェア率を51%獲得することによって、51%株式を取得したと同じ状態となります。

 しかし、よく考えてください。そんな積極的にマイニングする企業があるとするのであれば、システムを破壊すると自分たちが被る損害の方が多大なものとなってしまうため、そんなことをする可能性が限りなく低いと思われます。

ハードフォーク

 もう一つの欠点は、ハードフォークとしてビットコインから類似品が生成されてしまうことです。今までにビットコインキャッシュビットコインゴールドビットコインダイヤモンドetc...。多くのビットコイン類似品が作成してきました。これによってブランドイメージが毀損し、大手のマイニング企業が新しいビットコインへ移っていってしまうと、本来のビットコインのシステムが脆弱なものとなり、51%アタックをする可能性が高くなります。

 しかし、これも51%アタックと同様で、株式企業であれば利益の最大化が目的ですから、敢えてハイリスクローリターンなことは避けると思われます。

 

 

まとめ

 ビットコインは「投機・投資対象となりつつあり、将来的に見てマイニング報酬の減少から希少性の向上により、価格上昇が期待できる」ということです。そのため、金と同様に安全資産として、自分のポートフォリオの一部に加えることも投資妙味の一つかと思われます。

 そして、コインチェックであれば、積立投資の設定ができるため、日々の大きな値動きを気にする必要なく、ドルコスト平均法が実践できます。 

コインチェック

 

今日はここまで...

 

関連記事

 

  イーサリアムは、汎用性の高さから様々な分野への応用が期待され、投資としての価値も大いにあると思います。知らないところで、現在でも技術が活用されてきています。目を背けることなく、学びを得ましょう。

 

 債券投資するのは、リスク低減目的のためにもポートフォリオに組み入れるべきです。また、トリニティスタディの結果からもわかるように債券投資によって、下落相場時には心強い味方となります。

 暗号資産こそ、 手数料は大きなものです。またリスク軽減のためにもポートフォリオの一部に組み入れることも考えても良いと思います。そんな基本的な投資の5つの原則について記載しています。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly