準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

子どもの教育費は、どの家庭にとっても重荷-ジュニアNISAを活用して、教育資金を用意-

 

f:id:OT-Choco:20210903230152j:plain

 子どもが成人し、社会人になるまで多額の教育費がかかるものです。それは公立or私立でも大きく異なります。そして、教育費が高すぎることによって、FIREは遠のいてしまいます。本日は、子ども一人当たりの教育費について考えていきたいと思います。

目次

 

子どもが大学を卒業するまでにかかる費用

 子どもが大学を卒業するまでにかかる費用は、子どもがどのような進路を辿るかで大きく異なります。全て公立の教育機関であれば、費用は抑えられ、全て私立の教育機関であれば、費用は、倍近く変わってきてしまいます。

f:id:OT-Choco:20210903232247p:plain

高校までの教育費

 上記は、高校卒業までの教育費となっています。全て私立だと高校でも1800万円以上もお金が必要となってきます。これだけの支出は、どの家庭にとっても軽い支出ではありません。また、FIREを目指している人にとっては、大きな痛手となってしまいます。しかし、大学進学ということを考えると、さらに教育費が必要となってきます。

f:id:OT-Choco:20210903232728p:plain

大学進学時の教育費

 大学進学した場合、4年間の学費で上記の費用がかかります。さらに、下宿をした場合は、年間100万円程度追加され、4年間で400万円にもなります。教育費を削減してしまうと、子どもの成長を阻害してしまう可能性もあります。日本は、学歴社会であるため、大卒の方が給料が良いため、なんとなく大学に行く人は多いと思います。しかし、教育課程を軽く見積もると、人格形成や対人関係を取捨選択する機会を失ってしまいます。

教育水準が低いことによる弊害を知る↓

 

子どもの教育費を用意するために

 子どもの教育費を大学入学時に用意しようとしても急に数百万円単位のお金は用意できません。そのために、前もって積立していく必要があります。その制度として、国はジュニアNISAを推奨しています。

ジュニアNISA

 ジュニアNISAは、0-19歳の子どもが毎年80万円を5年間(最大400万円)を積み立てることが可能で利益は非課税です。

  • 400万円の非課税枠を19歳まで長期運用可能
  • 20歳以降は、NISA口座に移行することで非課税枠を継続できる
  • 子どもの教育資金の資産形成に最適

このようにジュニアNISAはメリットが大きいです。しかし、一方でデメリットもあります。

  • 18歳まで払い出しが不可
  • 途中で払い出しをすると、課税対象となる

 ジュニアNISAは、教育資金の資産形成を目的としているため、それ以外の使用方法をすると課税対象となってしまいます。しかし、iDecoと比べれば、資産拘束期間は短く、最悪の場合は課税対象となるものの払い出しも可能であることを踏まえると心理的に安心かもしれません。

教育費を用意する方法を見る↓

ジュニアNISAを利用することで金融教育を行う

 ジュニアNISAを利用することで子どもへの金融教育をすることもできます。どのように大学進学の教育資金を工面してきたかを子どもに伝えることで金融知識の継承が可能です。子どもの金融教育をどうするかは課題となってきます。しかし、自分が受けてきた教育費用がどのように生み出されてきたかを知ることによって、子どもが社会に出た時、他の社会人とは違う考えをしてくれるようになるかもしれません。そして、資産形成を社会人に出た時からすることによって、より大きな資産を築くことができます。

 

まとめ

 子どもの教育資金は、大学卒業まで考えると大金が必要です。また、公立と私立では、2倍近くの教育費が変わってきます。そのため、早くから教育のための資産形成をしていく必要があります。国の制度として、ジュニアNISAがあります。デメリットはあるものの、メリットの方が大きいです。そして、ジュニアNISAを利用することで金融教育へ繋げることもできるかもしれません。

 

 今日はここまで...

関連記事

 幸福度=年収は、切っても切れない関係です。また、教育への投資に対して、リターンは正しいか評価するツールとして、POTスコアがあります。POTスコアは、教育費に対する給与水準の高さを評価できるものの、給与以外の部分は評価できません。自分の仕事を再度見つめ直し、給与以外の部分も含めた上で仕事の給与水準について、考えていきましょう。

 フルタイムの雇用は、安定的収入が得られる一方、収入を増やすことが難しいのが現状です。副業によって、収入源・収入を増やすことができ、場合によっては起業することも可能です。増やした収入から投資資金を捻出し、お金に働いてもらうことで資産の最大化を図ることができます。経済的自立を目指すのであれば、支出の最適化と収入源・収入を増やすことの両輪がうまく回ることで加速度的に資産を増やすことができます。

 働く上でのマインドセットについて説明しました。労働者1.0の人は、常に受動的であり、成長が見られません。そのため、労働者2.0のマインドセットにすることで能動的に働くことで「お金を稼ぐ」という思考転換が重要です。それにより、副業や投資をすることで、より良い人生設計を歩めるものと思います。 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly