準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

FIREを目指すことによる弊害-何かを得る事は、何かを失うこと-

 

f:id:OT-Choco:20210831013918j:plain

 「何かを得る事は、何かを失うこと」。このような言葉を聞いたことがあると思います。FIREを目指し、資産の最大化を得ることで、何かを失っているかもしれません。今回は、失っているかもしれない何かについて記載していきます

目次

 

FIREを目指すということ

FIRE(Financial Independence Retire Early:経済的自立による早期退職)

 この言葉は、今や投資家の中で当たり前の言葉となりつつあります。また、FIREを目指すという事は、 自由な時間の獲得により、時間をどのように使うか選択できることです。FIREをしたとしても、FIRE=働かないという事ではありません。自由な時間を活かし、趣味を行なっても良いし、別の仕事を行なっても良いし、世界一周に行っても良いという事です。

FIREを目指すことによる弊害

 FIREを目指すことで弊害も出てきます。FIREを本気で目指すという事は、資産の最大化を図るために入金力を極限まで高めて、全力投資をしていくという事です。もちろん、ゆったりFIREを目指すという事は、そこまで切羽詰まってはいないと思います。このようにFIREを目指すという事は、言い換えると「無意識的に自己投資に対して過小評価している」という事です。

無意識的自己投資の過小評価

 手取り400万円の人の場合、投資:生活費=200万円:200万円の人と投資:生活費=100万円:300万円の人では、前者の人は自己投資に対して過小評価となってしまいます。

 自己投資というのは、仕事関係に対する勉強や資格だけとは限りません。例えば、美味しいものを食べる事や少しリッチに旅行をする事、家族との触れ合う機会を作るなどのことです。生活費を支出最適化を行い、自由に使えるお金を投資に回すことで、上記の例のような物事を楽しむ能力を育む機会・経験を積むという機会を奪ってしまっています。また、稼ぐ能力に対しても過小評価であり、若い時こそほど、自己投資(教育投資)を行うべきという考え方もあります。歳を重ねてから、稼ぐ能力を高めようとしても、同じ職場内では難しくなってきて、Wワークをしなければならなくなってきてしまいます。そのため、稼ぐ能力を育むためにも若い時こそ、自己投資の機会を作るべきかと思います。

 

教育に対する自己投資のメリット

 教育に対する自己投資のメリットは、他の自己投資の内容に比べて、価値が高いと思われます。教育投資というのは、自分が得た知識や経験・資格などは、長い間活用できます。そして、その得たものを活かして、副業などへも活躍の場所を増やすことができます。このように考えると若い時こそ、自己投資をしっかり行い、歳を重ねるにつれて、得た経験を活かすことを考えるステップへ進むことが望ましいのではないかと思います。

投資は、お金が増えるということだけではない

 投資=お金が増えるということではありません。投資というのは、自己投資・教育投資(自己や子供に対して)の側面もあります。子供への教育投資に関しては、「対人交流を取捨選択する」ということです。詳しくは、過去記事をご参照ください。

子供への教育投資が「対人交流の取捨選択」ということを知る↓ 

 資産の最大化を図るという事は、お金だけでなく、自己投資に対しても当てはまると私は考えています。自己投資を行うことで無形財産を得ることができます。無形財産ではあるものの、役に立たないということではありません。無形ということで一見評価しにくいものの、無形財産は自分の人生において蓄積されることで充足感や幸福感へと繋がるものだと考えています。無形財産というのも、様々なものがあります。旅行や美味しい食事などの体験による経験・対人関係による経験など形は無いものの、かけがえのない経験を与えてくれます。

 

まとめ

 FIREを目指すことで、自由な時間を得る代償として、自己投資を過小評価している可能性があります。それは、物事を楽しむ能力を育む機会や経験を積む機会を奪っている可能性があります。若い時こそ、自己投資を行い、歳を重ねるに合わせて、得た経験を活かすステップへ移行することが望ましいと思われます。また、投資というのは、お金が増えるということだけではありません。自己投資を行うことで無形財産を得ることができ、自分の人生において蓄積されることで充足感や幸福感を与えてくれるものだと考えています。無形財産こそ、かけがえのない人生を歩ませてくれる手段なのかもしれません。

 

 今日はここまで...

関連記事

 

 子どもが成人し、社会人になるまで多額の教育費がかかるものです。それは公立or私立でも大きく異なります。そして、教育費が高すぎることによって、FIREは遠のいてしまいます。本日は、子ども一人当たりの教育費について考えていきたいと思います。

 読書は、自分にない知識や経験を数時間で学ぶことのできるツールの一つです。書物は、偉人の人生を数千円で疑似体験でき、成功体験・失敗体験も含めて、学びを与えてくれます。そして、読書は教育や自己投資の一つとしても有意義なものです。読書習慣がない人にとっては、まず毎月1冊と決め、好きな分野の本を読んでみるのが良いと思います。

 「お金・時間・能力」は相互関係にあり、何かを得るということは何かを失うということです。しかし、投資をすることで3つのリソースを全て補完することができます。また、若い時ほど、自己投資をする必要があります。自己投資とは、仕事に関わることだけではなく、自分が楽しいと思うことや人生の糧となること全てが自己投資ということです。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly