準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

暗号資産Sparkトークン(FLR)の付与対応方針の決定-Spark トークンの全貌を徹底解説-

f:id:OT-Choco:20211013020250p:plain

 暗号資産Sparkトークンの付与対応方針が決定しました。XRP保持者に対して、昨年12月にエアドロップされることで大きな関心を集めました。このようなエアドロップに対して、日本の取引所は、立場を明確にしていませんでしたが、10月12日に対応方針を決定しました。そのSparkトークンの全貌について、説明していきたいと思います。

目次

 

XRP保持者に対して、Sparkトークン(FLR)が付与

 昨年12月12日時点でのXRP保持者に対して、FLRトークンのエアドロップされることが発表されました。FLRトークンを受け取るには、エアドロップに対応する取引所で保有するか、対応するウォレットで保有し請求申請する必要がありました。今回、10月12日に日本の取引所が発表された内容では、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の取引承認および金融庁での必要な所定の手続きが完了した場合に、FLRトークンを請求し、配布するというものです。しかし、これがいつになるかはまだ未定です。もしかしたら、これから始まる上昇相場が崩壊した後かもしれません。

FLRトークンの発行枚数

 フレアネットワークでは、1000億枚のFLRトークンが発行され、250億枚は開発者であるフレア(Flare Network Limited)に、300億枚はネットワーク運営を行うフレア財団に寄付されています。そして、XRPの流通量に対する450億枚がXRP保持者に付与されることとなっています。

 

Flare Networkとは?

 XRPを開発する米Ripple社の投資部門Xpringが出資を行う有望プロジェクトであり、独自のコンセンサスプロトコルに基づき、安全で分散され、かつスケーリングが可能なスマートコントラクト・ネットワークを構築するものです。当初の目的は、XRPL(XRPレジャー)上でスマートコントラクト機能を実装することであり、2020年5月にテストネットワークが始動しています。

 簡単にいうと、一度に多くの送金処理を可能として、イーサリアムのようなスマートコントラクト機能を実装する機能拡張ということになります。XRPのブランド価値の向上といったところでしょうか。

新しいコンセンサスプロトコルの必要性

 フレアネットワークは、PoS(Proof of Stake)を合意形成のコンセンサスプロトコルに使用していません。

 PoSは、トークンのステーキングをすることで参加者の経済的なインセンティブを利用し、ネットワークの安全性を確保するというものです。しかし、大きな資金がステーキングされた場合にプラットフォームで保護するのは、ハッキングされた際のリスクが大きいため、賢明ではないと思われています。

*ステーキング:一定量の暗号資産を預け入れることで報酬が得られる仕組みのこと

スマートコントラクト機能の実装

 フレアネットワークは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みである「スマートコントラクト」にイーサリアム仮想マシン(EVM)というものを活用しています。ネットワークは、世界初のチューリング完全なFBA(Federated Byzantine Agreement)適応のプロトコルを基盤としており、これはスケーリングの問題を解決することが期待されています。FBAは、過去に提起された問題を解決したプロトコルとなります。このプラットフォームを利用して、DeFi(分散型金融)の構築を目指しています。

 

FLRトークンの役割

 FLRトークンの役割としては、ネットワークの円滑な運用のためにトークンが利用されます。ネットワークの安全性は、トークンに依存していないため(ステーキングをしていないから)、より柔軟なトークンの使用方法が展開できます。フレアネットワーク上にアプリケーションを構築することを想定されており、そこでトークンが活用されます。

 フレアの開発を支援するための助成金や投資を除いて、フレア財団はFLRトークンの所有者から技術的な指示を受けるが、重要な点は「FLRトークンの保有者がFLRトークンの存在がネットワークに利益をもたらさない」と認めた場合に、フレア財団が保有するFLRトークンは全てBurn(焼却)されることが規約に明記されています。そのため、XRPのような運営による売却で価格が上昇しにくいということもなくなります。

FLRトークンの将来性と投資の可能性

 FLRトークンは、独自のプラットフォームからスマートコントラクト機能の実装や将来的にDeFiの構築などを行おうとしています。これに関しては、すでに競合他社がいくつかある中で差別化を図っていかなければなりません。差別化が図れなければ、フレアネットワークが利用されずに、トークンの価値も上昇しません。しかし、米Ripple社がサポートについており、暗号資産XRPに投資をしている投資家や開発に携わっている人から、フレアネットワークを利用するようになる可能性が考えられます。他社では、一からネットワークを開発し、利用者を模索しますが、この点に関しては、フレアネットワークは優位に立っていると思われます。

 

まとめ

 XRP保持者に対して、FLRトークンの付与指針が決定し、将来的には国内の取引所でも取り扱われるようになってくると思われます。FLRトークンは、独自のフレアネットワーク上で活用され、スマートコントラクト機能の実装や将来的にDeFiの構築など行おうとしており、様々な部分で利用されることになると思われます。また、米Ripple社のサポートがあるという点に関しても強みであり、将来が期待されるプロジェクトの一つです。

 

 今日はここまで...

 セキュリティが世界的に見ても、高く評価されているbitFlyerもオススメの取引所の一つです。しかし、bitFlyerは、ビットコインの取引しか手数料が安く購入できないため注意が必要です。

bitFlyer

 暗号資産を購入するのであれば、購入手数料の少ないbitbankがお勧めです。販売所では手数料が高いですが、bitbankは取引所での取引であるため、手数料が最も安く、取引所としての取り扱い銘柄も多数あるため、オススメの取引所です。

bitbank

関連記事

 現在の金融システムは、金本位制から管理通貨制度と変貌を遂げ、上手く機能しているように感じます。しかし、インフレ率などが通貨供給量によってコントロールできるのであれば、もっと狭い範囲で調整すべきではと提言しています。また、米ドルは、世界で最も利用される通貨であるものの、「理想的なお金」とは言い難いです。

 ビットコイン先物ETFが承認され、現物ではないものの、市場へのインパクトや投資家心理に与える影響は大きいものと思われます。ETF承認により、機関投資家が参入しやすいことや二の足を踏んでいた個人投資家流入が期待できます。そして、ゴールドETFが承認された時には、約4.5倍もの価格上昇を認めました。ビットコインでも資金流入が期待できます。

 様々な人がビットコインの天井予想をしており、その幅は$70,500-$500,000と差が大きい状態です。何が正解かはわかりません。しかし、利益確保のため、一定価格ごとの部分利確していくことはありだと思います。

応援クリック、読者登録お願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly