準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

資産形成後の最強の取り崩し術-未来永劫続く資産を目指して...

 

f:id:OT-Choco:20210621230633j:plain

 未来永劫続く資産を築きたいと誰しもが思っているはずです。原資がある程度ある投資家であれば、それも可能です。そして、一度資産を築いてしまえば、一定額を取り除くことで最低30年間は、資産が尽きることはありません。

 今回は、そんな方法を紹介していきます。

 

 4%ルールとは?

 4%ルールとは、退職プランと経済理論を研究したトリニティ大学における論文が基になっています。ポートフォリオから毎年、一定割合の金額を引き出しつつ、残りの資金をそのまま投資した場合、ポートフォリオがどうなるかの研究をしました。

 結果的に、インフレを加味した上で株式:債券比率を50:50の割合で保有したポートフォリオを4%ずつ取り崩した場合、30年後まで資産が尽きない確率が95%というものです。

 →それどころか、最初の投資額を上回ることも度々あるというデータも得られています。

 

 この結果、リタイアまでの期間は、年収に左右されるのではなく、その個人の資産に左右されるのです。しかし、忘れてはいけないのは年間支出が多ければ、多いほどリタイアは遠のくということです。つまり、年収が低くても、年間支出の最適化が図ることができれば、リタイアの期間はより現実のものとなります。

 

4%ルールの欠点

 4%ルールの最大の欠点としては、インフレ調整をした上で毎年ポートフォリオの4%の資金を引き出したとしても、95%のうち残り5%の確率で資産が尽きてしまうというリスクです。つまり、自分がリタイアする際に上昇相場の始めにいるのか、もしくは上昇相場の天井にいるかという最後で最大の博打が待ってしまっているのです。しかし、これは避けきれず、いつが上昇相場の始まりで、いつが天井か誰にもわかりません。

 

 そこで、この問題の解決策を図る必要があります。

4%ルールの欠点解決策

 その解決策であるものの一つが現金クッションと利回りシールドです。FIREした人にとって、最大のリスクは暴落時に資産を取り崩すことです。これは、未来を生み出す利益を減らし、場合によっては、損失を確定してしまうかもしれません。そうなってしまうと、将来に必ず来る回復局面で手持ちの資産の保有数量が少なくなってしまいます。  

  • 現金クッション

 下落局面で役に立つのは、金利の高い預金口座に貯めておく現金のことです。下落相場になった時、この現金を緊急時用として、活用すれば、生活費の補填とすることができ、資産の売却を免れることが出来ます。過去の下落相場で暴落から立ち直るのにかかった年数の中央値は2年、最大で5年です。つまり、最大で5年さえ乗り越えることができれば、資産は再度復活していきます。しかし、生活費が年間200万円必要で5年間だと1000万円必要となってしまいます。そんな時に心強い味方が利回りシールドです。

 

  • 利回りシールド 

 利回りシールドがあることで、実際に必要な金額よりも少なくてすみます。その利回りシールドとは、ETFの分配金です。このETFの分配金を緊急時の生活資金に充てることで、生活に必要な資金は、かなり抑えられます。その時に必要な現金クッションを計算式にすると

現金クッション=(年間支出-年間利回り)×年数

となります。しかし、気をつけなければならないのは、日本の証券会社が推奨している毎月分配型の投資信託は論外です。それは、分配金の比率が非常に高く、年間10-20%程度と現実的ではないからです。そして、手数料も高く、とても資産形成できるような商品ではありません

 

 

4%ルールの最良なポートフォリオとは?

 現金クッションと利回りシールドの他にも解決策があります。それは、株式:債券比率を変更するということです。4%ルールの中で30年後にも資産が尽きない最良のポートフォリオは、株式:債券比率が75:25です。これであれば、30年後でも資産が尽きませんが、減ってしまうリスクはあります。そのため、やはり下落局面では、資産を取り崩すことを極力減らすためにもアルバイトでも良いので少しでも資産防衛手段を講じる必要があります。

 こちらにトリニティスタディの4%ルールに基づいた30年後のシミュレーションを記載しました。参考にどうぞ。 

 

 今日はここまで...

 

関連記事

  少額投資であっても長期的に見ると大きな財産となります。 

   データに基づいた投資。それこそ、信頼できる再現性の高い勝者の投資です。

  なぜ米国株式かという5つの理由。今までも、これからも米国株式一択です。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly