準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

これから始まる暗号資産市場の上昇相場-HashRibbon遂にbuyサイン点灯。信頼度100%で上昇-

f:id:OT-Choco:20210808140055j:plain

*ブログを見るにあたって、もしかしたらHashRibbonのサインが消灯している可能性もあります。2021/8/8 22:00時点では点灯されており、それを念頭に読んで頂きたいです。

 ビットコインのおける指標であるHashRibbonが遂に点灯し、buyサインが出現しました。今こそ、暗号資産の買い時だと言えます。直近安値から、すでに大幅上昇していると思い、投資を躊躇っていると、この千載一遇のチャンスを逃してしまいます。今こそ、勇気を出して暗号資産市場へ投資する時なのです。

目次

 HashRibbonについて

 HashRibbonというのは、ビットコインの採掘のハッシュレート(演算速度)に対して、30日移動平均線と60日移動平均線ゴールデンクロスビットコインの買いのタイミングを教えてくれる指標になります。HashRibbonの説明については、下記記事をご覧ください。

HashRibbonの説明を見る↓ 

信頼度100%の HashRibbonのbuyサイン点灯

f:id:OT-Choco:20210808150314p:plain

HashRibbonのbuyサイン点灯(2021/8/8)

 昨日、ようやくHashRibbonのbuyサインが点灯しました。HashRibbonというのは、下記のチャートになり、青色点灯がbuyサインということになります。

f:id:OT-Choco:20210808145024p:plain

過去のHashRibbon buyサイン点灯日と上昇幅・上昇期間

 HashRibbonのbuyサイン点灯は、過去に12回あります。画像のように、過去のデータからいくと、HashRibbonが点灯し、buyサインが出現した時に上昇する可能性は100%です。つまり、HashRibbonのbuyサインは必ず儲かってきた投資の必勝法です。今回は、点灯日がわかったため、日付での記載になっています。

 上昇期間については、1週間で終了した時もあれば、67週(1年5ヶ月弱)まで続いた時もあります。平均上昇期間は13.1週間であり、中央値は6.5週間です。データ数が12回しかない中で平均値や中央値に大きな意味はないかと思われます。しかし、データ的に19,25,67週間の長期上昇トレンドというのは、ほとんどないのがわかる通り、基本的には中央値である1ヶ月半での上昇と念頭に置いて投資をした方が無難かと思います。

 上昇幅については、最低+3.54%から最大3384.64%と大きな幅があり、何を参考指標にしたら良いかわからない状態です。平均上昇幅は+457.18%であり、中央値は+44.2%です。こちらもデータ幅が大きいため、データに対する信頼度は疑わしいものです。しかし、1回を除いて+30%以上の上昇していることを考えると最低でも+30%の上昇が期待できると言えます。しかし、天井を示す指標もあるため、今回のHashRibbonのbuyサイン点灯が本物の上昇だった時に、紹介していきたいと思います。

今こそ、レバレッジをかけるが、安全に利益を得る時

 私は、以前の記事で、レバレッジ投資を安全に行う方法を紹介しました。これは、上記のデータの裏付けがあったからこそです。

  • HashRibbonのbuyサインは、過去100%上昇している
  • 1度を除いて+30%以上上昇している。

 この上記2点でも投資の有用な情報となります。他の投資商品中で100%上昇してきたという指標はありません。株や為替でアノマリー投資をしている人もいます。これも過去のデータから算出していますが、信頼度が高くても80%程度です。これは100%上昇してきているのです。だからこそ、私もレバレッジをかけての投資も明らかにリスクよりリターンの期待値が上回ると思い、実践しています。

 暗号資産でレバレッジを安全に行う方法を見る↓

まとめ

 HashRibbonのbuyサインが過去のデータから100%上昇し、2021/8/8遂に点灯しました。今こそ、暗号資産へ投資をする時です。1ヶ月半という短期間で+30%以上の上昇幅が見込るため、リスクリターンの期待値も高いです。そのため、私はレバレッジ投資を開始しています。 

 皆様の爆益があらんことを

 

 今日はここまで...

 暗号資産を購入するのであれば、購入手数料の少ないbitbankがお勧めです。販売所では手数料が高いですが、bitbankは取引所での取引であるため、手数料が最も安く、取引所としての取り扱い銘柄も多数あるため、オススメの取引所です。

bitbank

 ビットコインに限らず暗号資産全体的に積立投資を基本とし、資産価値として大きくなっていくようであれば、積立額を増やすと言う手法がオススメです。

 コインチェックであれば、積立投資の設定ができるため、日々の大きな値動きを気にする必要なく、ドルコスト平均法が実践できます。

コインチェック

関連記事

  投資をしていく中で、いかに手数料を安く抑えるかということが、利益の最大化を図るために重要なことです。暗号資産を購入するにあたっては、スプレッドという大幅な価格差があります。販売所と取引所の違いを理解した上で取引所を選択し、効率よく暗号資産を購入しましょう。

 最近、デジタルアートで数億円の価値がついたことやTwitterのジャック・ドーシーCEOの最初のツイートがNFT化されたなど多くの話題となりました。なぜ、そんなに価値がつくのか疑問につく方も多いと思います。その話題のNFTについて解説しています。 

 米国証券取引委員会の見解としては、有価証券として容認しようとしているものの、厳格な法整備はまだ不十分な状態です。しかし、ブロックチェーンは革新技術であり、大きなった暗号資産市場を違法化する方が難しいため、未登録の有価証券であったとしても少額の投資であれば、投資妙味はあるかと思います。  

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly