準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

最も重要な資産は、「人的資本」であり「有限」である

 

f:id:OT-Choco:20210710233018j:plain

 お金は、「稼ぐ・貯める・使う」の3つの要素があります。そして、どんな仕事についてどれだけ稼ぐかによって、人的資本の価値が位置づけられています。しかし、人的資本は有限であり、価値は変動するものです。人的資本の価値が最も高い時に最大限に稼ぎを高めていきたいとと思います。

 

目次

 

最も大きな資産は「人的資本」

 人的資本とは、「人が将来的に生み出す稼ぎを、リスクも考慮した上で現在の価値に換算されたもののこと」を言います。いわゆる「個人の株価」のような概念です。人は一般的に生涯収入で3億円稼ぐと言われています。そのため、健康な若者だと、1億円以上の価値が存在します。しかし、逆に高齢である場合には、定年が近づくにつれ、価値は漸減していくものです。また、高齢であったとしても何か事業などにより継続的に収入を生み出して行ける状態であれば、人的資本の価値は高くなります。

 年を重ねるほど、知恵は多く、価値は低いと言われるのは、このためだと思われます。

 

終身雇用という時代からの転換

 では年を経て、漸減する人的資本の価値を最大限に大きくしたいと誰しも思っています。そうするためには、1つの会社の枠組みにとらわれず、人材市場での自分の人材価値を高める努力をすることが有効と言われています。

 以前トヨタ自動車の社長豊田章男社長も「終身雇用は難しい」という発言を残されています。このように1つの会社で定年まで働くという時代は転換を迎えつつあり、労働の多様化も言われ始めています。現に、会社員であってもブロガーやYouTuber、Uberなど副業の方が収入が多いという方も増え始めている現状です。

 

 会社頼みの働き方というのもリスクを伴うものです。投資でも分散投資が言われているように、働くことも同様なことが言えるのではないでしょうか?時代の流れで大手企業であっても、倒産へ追い込まれた企業もあります。その時に、そこでしか働いていない方達は職を失い、無収入となってしまうリスクを負うことになります。そのため、政府としても「働き方改革と言うようになったのだと思います。

 

人的資本の価値最大化

 それでは、どのように人的資本の価値を最大化するのかということです。そのためには、ある仕事に対して、「仕事ができる能力」と「能力を仕事に生かした実績」、「今後、能力を使うことができる時間」の3つが挙げられます。そして自分に人材価値があるのかどうかわかりやすくチェックするのは、今転職したとしたら、他社はどんな待遇で雇ってくれるか知ることです。特にこの「今後、能力を使うことができる時間」が最も重要です。時間がなければ、能力を活かして何か副業をやろうにも無理です。そのため、時間の創出ということがどんな人にとっても重要な要素となってきます。そして、時間の創出ができた方のみが能力を活かすチャンスを得るのです。しかし、ここではチャンスを得るだけなので、そのチャンスを活かせるかはその人次第ということになります。

 

稼ぎ以外でお金を増やす近道とは...

 これは、どんな人でも悩みのタネかと思います。しかし、これが重要なことです。周りに高収入であるものの、生活に余裕があまりない人も多くいるのではないでしょうか?高収入であるが故に高支出である世帯も多く見られます。私は父から「生活水準は一度上げるとなかなか下げられない」と言われたことがあります。まさにこの通りであり、高収入の方達はこのジレンマに陥っている可能性があります。そのため、稼ぎを増やすのではなく、支出を減らすことが誰でも簡単にお金を増やす近道なのです。そして、さらに増やすには支出を減らすことで浮いたお金を投資に回すことでしょう。

 

天引きしてから、残りのお金で生活する

 もし、お金が貯められないのであれば、お金を使う前に天引きしてしまう方法です。楽天証券での積立投資だと毎月1日と日付が固定となってしまいます。しかし、SBI証券であれば、毎日投資や毎週○曜日投資など自由に決めれて投資が可能です。そして、一定額を投資してしまえば、否が応でも残りのお金でなんとか家計をやりくりしなければなりません。

 

 このような天引き法が有効なことの根拠は、「行動ファイナンス」と呼ばれる認知心理学の研究からも説明されます。人の行動は必ずしも合理的とは限りません。例えば、健康に良くないとされていても、タバコを吸ってしまうなど感情的な方が勝り、結果的に非合理的な行動をとってしまう行動がしばしばあります。つまり、人は今が楽しければ、それで良いという現時点の利益の方を過大評価してしまうということです。そのため、前もって天引きされてしまえば、その中から生活せざるを得ないため、投資資金ができるのです。

 

 

まとめ

 人的資本の価値は、年を重ねるほど漸減し、若いほど価値が高いものです。その人的資本の価値最大化を図るために最も重要なのは、能力を活かす時間です。その時間を創出することで初めて人的資本の最大化が図れるチャンスが巡ってきます。そして、それは支出を減らすことから始めることが最も身近で誰でも出来るお金の増やす方法です。さらにお金を増やしたい場合は、浮いたお金で投資を行い、天引きで資産形成を図ることも一つの手段だと思います。

 

 今日はここまで...

 

関連記事 

 掛け捨て型の生命保険が最もパフォーマンスが高いです。貯蓄型生命保険は手数料が高く、コストパフォーマンスが悪いです。貯蓄型生命保険よりも投資の方がリスクリターンは優れています。

 楽天証券SBI証券でクレカ積立投資が可能となっています。しかし、ポイント還元率は同率ではありません。楽天1%、SBI0.5%と楽天証券の方が優位性が高いです。上限5万であるため、資金力に余裕がある人は、両方利用すると良いでしょう。

    保険は、不安ビジネスで確率ビジネスです。確率論で言えば、保険は不要です。しかし、世帯持ちである場合には、そうとも限りません。必要に応じて、保険を検討する必要があります。保険は、「もしもの時の備え」なのだから。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly