準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

確定拠出年金制度(iDeco)とSBI証券のセレクトプラン・オリジナルプラン-断然セレクトプランを選べ

 

f:id:OT-Choco:20210720234646p:plain

 非課税制度は、NISAだけではありません。確定拠出年金制度(iDeco)という非課税制度を利用して、運用成績の最大化を図りましょう。しかし、iDecoに関しては、メリット・デメリットもあるため、必要に応じて選択する必要があります。また、SBI証券iDecoはプランが2種類あります。今回は、その説明をしていきたいと思います。

目次

iDecoとは...

f:id:OT-Choco:20210721000620p:plain

iDeco公式HPより

 iDecoとは、将来に備えて自分で作る私的年金制度のことです。iDecoは、自分で拠出した掛金を60歳になるまで自分自身で運用し、原則60歳以降に老齢給付として受け取れます。iDecoは、節税しながら、資産形成ができ、月額5000円と少額からでも始められるので、投資経験がない方にも将来のお金を準備をする方法としてオススメされている制度です。

iDecoのメリット

  1. 所得税・住民税が軽減される
  2. 運用益も非課税に
  3. 受け取り時も税金が軽減される

 会社員の方が毎月2.3万円を拠出すると年間で約55,800円の所得税・住民税が軽減できます。また、運用益も非課税となるため、60歳までの積立期間中に、利益が出ている状態で別の投資信託へスイッチングをしたとしても課税されません。そして、受け取り時に一時金として受け取る場合には「退職所得控除」、年金として受け取る場合は公的年金等控除」の制度が適応され、税金が軽減されます。

f:id:OT-Choco:20210721004114p:plain

退職所得控除

f:id:OT-Choco:20210721004148p:plain

公的年金等控除

 公的年金等控除は、上記の控除額を超えなければ、一切税金はかかりません。 

 

iDecoのデメリット

  1. 運用状況によって、資産が増減する
  2. 原則60歳まで運用中の資産を引き出せない
  3. 各種手数料がかかる

 原則60歳まで運用中の資産が引き出せずに心配な方も多いでしょう。しかし、NISAで満額積立続けるつもりであれば、iDecoで行うことをオススメします。また、各種手数料がかかります。各種手数料は、新規加入2,829円(最初の1度のみ)、毎月運営費171円、給付手数料440円(1回)となっています。しかし、手数料があるものの、節税効果の方が大きいため、手数料はそこまで問題とはなりません。

SBI証券iDecoの2つのプラン

 SBI証券には、オリジナルプランとセレクトプランの2つのパターンがあります。もし、開設するのであれば、セレクトプランをオススメします。下記はプラン比較です。インデックス投資をしていく中で明らかにオリジナルプランよりもセレクトプランの方が、コストが少ないものが多いです。そのため、長期での資産形成を考えていく婆には、セレクトプランを選択される方が良いでしょう。

https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/fund/ideco_list_190517_o.pdfhttps://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/fund/ideco_list_190517_s.pdf

 

iDecoの口座が楽天ではなく、SBI証券である理由

f:id:OT-Choco:20210724013854p:plain

 こちらが楽天証券iDecoの商品ラインナップになります。メインの米国株式の商品や全世界株式は、楽天独自の投資信託しかなく、手数料がeMaxis slimと比較するとやや高めです。そのため、iDeco口座を作るのであれば、SBI証券でのiDeco口座を開設することをオススメします。

まとめ

 サラリーマンにとって、給与を増やすのは至難の業です。そのため、出来ることは、支出を削減することや節税をすることです。節税をするためには、iDecoふるさと納税です。長期投資を前提するのであれば、iDecoでの資産運用も一つの手段となります。そうすることで浮いた節税分もさらに資産運用へ回すことができます。

 

 今日はここまで...

関連記事

   SBI証券の口座を利用しつつ、サポート体制が充実したネクシィーズ・トレードは、初心者にオススメです。電話をしても待たされることが多々ある窓口が2つあることはネクシィーズ・トレードの強みです。 

 日本の期待できない増えない給料、上がる社会保険料などの背景から老後のための資産形成を若い時から始めることは、「つみたて投資」を最大限に活かせると述べています。さらに米国株を選択する理由も述べており、今後の生活も考えると米国株一択であり、他国への分散投資の必要性は低いとされています。

 銀行や証券会社は、手数料ビジネスであり、その一部から報酬を得ています。そのため、手数料が多い商品ほど、自分の報酬も大きくなるため、手数料が高い商品を勧めてくるのが常です。そんなときは、ネット証券を利用し、極力断りづらい対面窓口は避けましょう。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly