準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

生命保険は、いざという備えで投資ではない

 

f:id:OT-Choco:20210706213909j:plain

 近年の保険商品は、保険を取り扱っているものでないとわかりにくいほど複雑化しています。しかし、基本となるパッケージに加えて、特約というオプションで成り立っていることがほとんどです。それを複雑化させているのは保険種類の多さです。各社が他社と比較して優位性を保つために独自の保険を作ることで複雑化しています。そんな生命保険を本日はわかりやすく説明しようと思います。

 

目次

 

生命保険はいざという備え

 生命保険に入る理由を見失ってはいけません。生命保険は、自分が死亡した時に残された家族が生活で困らないようにするものです。決して資産を増やすものではありません

 保険に入る時に、月額数千円/年間数万円から10万円以上も支払うのにただ払っていては損しているだけなのでは...?と思う方も多いかと思います。しかし、間違ってはいけないのは、生命保険はいざという備えであり、投資商品ではないということです。

 生命保険は、儲かるものではないということを保険の種類を説明しつつ解説していきたいと思います。

 

生命保険の種類

 生命保険は、主に3種類に分かれます。定期生命保険、養老保険、貯蓄型生命保険です。下記にシミュレーションも踏まえた上で解説します。どの保険の種類も月額保険料は、約3万円強で試算されているものです。それを前提でご覧ください。

定期生命保険

f:id:OT-Choco:20210706221900p:plain

定期生命保険のシミュレーション

 こちらは、定期生命保険のシミュレーション図になります。月額3万円強保険料を支払った際には、死亡すると約1億円の死亡保険金をかけることができます。しかし、定期生命保険は掛け捨てタイプのものであり、保障期間も一定期間になっています。シミュレーションでは、満期を定年が60歳であり、その頃には子供も就職している前提で設定しています。掛け捨てタイプであるため、60歳以降に死亡したとしても1円も保険金は下りません。しかし、60歳になる1ヶ月前に死亡したとしても約1億円の保険金額が受け取れます。

 

 定期生命保険では、保険料が比較的低料金であるものの、死亡保険金が高いことが特徴です。そのため、最もコストパフォーマンスの高い生命保険となります。

 

収入保障保険

 これは基本的に定期生命保険の類似商品で、死亡保険金額が減額していくタイプのものになります。子供が小さい時ほど、教育資金が必要であるため、契約者が若い時に死亡すると保険金額が多く支払われます。しかし、満期に近づいて死亡すると保険金額は、数百万程度まで減額します。そういったこともあり、支払保険料が安く設定されているのが特徴です。

 

養老保険

f:id:OT-Choco:20210706221920p:plain

養老保険のシミュレーション

 こちらは、養老保険のシミュレーションとなっています。養老保険は、保障期間が一定であり、満期を超えて解約をすると死亡保険金額を最高額として、払込金額より増額して返金されるというものです。もし、途中解約したくなったとしても、解約返戻金がありますが、初期に解約するとかなり減額して返金されます。そのため、基本的には満期まで払い込む前提で契約される方が良いかと思います。

 

 養老保険は、保険料に対する死亡保険金は定期生命保険と比較して、少ないものの、満期後の生活保障と死亡保障の両方に保険がかけられる点が特徴です。

 

貯蓄型生命保険

f:id:OT-Choco:20210706231303p:plain

貯蓄型生命保険のシミュレーション

 こちらは、貯蓄型生命保険のシミュレーションです。こちらは、保障期間は終身であり、さらに満期を超えて解約すると死亡保険金額を最高額として払込金額より増額して返金されます。しかし、養老保険と同様に途中解約すると減額して返金されます。特に、貯蓄型生命保険でオススメされる商品がドル建ての貯蓄型生命保険です。ドル建ての方が利率が良いと言われているからです。おおよそ、20-30%増額して返金されると思います。円建てだと運用先の国債などでは利率も低いため、運用利回りが得られず、利率も悪くなってしまいます。

 

 貯蓄型生命保険は、養老保険と同様に保険料に対する死亡保険金は定期生命保険と比較して、少ないものの、満期後の生活保障と死亡保障の両方に保険がかけられる点が特徴です。

 

満期後の生活保障?

 ドル建て生命保険は満期後の生活保障となるのでしょうか?年利で考えると1%も前後です。なぜ1%程度まで低いのかと言われると、それは手数料が高いからです。これで利回りが良いとは到底思えません。それは、株式の利回りが約9.0%(インフレ調整後6.8%)だからです。債券でも利回り5%前後と言われているぐらいです。基本的に保険は、「もしもの時の備え」として契約するものです。満期後の生活保障であれば、株式投資や債券投資で長期保有すれば良いのではないしょうか?

 

定期預金よりかは、貯蓄型生命保険

 投資は怖いや心配などの強迫観念に駆られているのであれば、仕方がありません。そういう場合は、定期預金よりかは貯蓄型生命保険の方が資産を増やすのであれば、マシ程度だと思ってください。私は、基本的に投資をオススメします。15年間の長期投資であれば、損失率が0%であるデータがある以上、老後の生活保障であれば、その方が効率的であるからです。 

 

 

生命保険は何がオススメか?

 私がオススメする生命保険は、掛け捨ての定期生命保険もしくは収入保障保険です。これは、掛け金に対して、保険金額が多いからです。最もコストパフォーマンスが高く、死亡時の保障もしっかりと付いてきます。これに加えて、老後の生活保障に関しては、上記の過去記事であるような米国株インデックス投資を長期的に行うことです。 

 

まとめ

 基本的に生命保険は「もしもの時の保険であって、資産形成や老後の生活保障のためではない」ということです。 そして、もしもの時の保険であるため、オススメの生命保険は、掛け捨ての定期生命保険もしくは収入保障保険です。そして、老後の生活保障のためには、長期の米国株インデックス投資が最適解です。しかし、それでも投資が怖いなどの強迫観念がある場合には、途中解約しないことを前提に定期預金よりもドル建ての貯蓄型生命保険のがマシ程度に思ってください。多くの人が、必要以上に保険に入りすぎていると言われているため、1社の保険窓口ではなく、何社も保険を取り扱っている保険の総合窓口の相談をしてみても良いかもしれません。

 

 今日はここまで...

 

関連記事

   保険は、不安ビジネスで確率ビジネスです。確率論で言えば、保険は不要です。しかし、世帯持ちである場合には、そうとも限りません。必要に応じて、保険を検討する必要があります。保険は、「もしもの時の備え」なのだから。

  IPO投資は、長期で見ると儲かるとは限りません。IPO投機であれば、IPO運用も投資妙味があります。長期で見る場合には、指数のパフォーマンスに劣ってしまいます。そのため、自分が投資家なのか投機家なのか見極める必要があります。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly