準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

iPhone13を携帯ショップで 絶対購入してはいけない理由-Apple Storeから購入せよ-

 

f:id:OT-Choco:20210918154129p:plain

Apple HPより

 iPhone13シリーズが9月24日に発売されるにあたり、予約注文が開始となりました。しかし、iPhone13を携帯ショップで購入することは、損をしています。これは、キャリア3社だけでなく、格安SIM業者も同様に損をするので注意が必要です。

目次

 

iPhone13miniが3万円代から購入できる!?

 キャリア3社がiPhone13シリーズの最低購入価格を発表しました。

それによると、iPhone13 mini(128G)モデルであれば、

docomo:¥34,232

au:¥40,100

softbank:57,960

となっています。しかし、これには落とし穴があります。2年後に端末を返却するという条件があります。また、2年後に端末を返済する際に最高買取価格で引き取るという条件が必要です。もし、落として画面にヒビなどの損傷があった場合には、iPhone13の買取価格は安くなるため、負担金が発生してしまいます。そのため、必ずしもキャリア3社が発表した上記の価格で購入できるとは限りません。

残価設定型クレジットという落とし穴

 自動車購入時にもこの支払いシステムが採用されています。残価設定型クレジットとは、残価設定型ローンとも言います。最近では、iPhoneシリーズのみならず、スマホ全般的に本体料金が高騰する傾向にあります。性能の向上やブランドイメージの向上に伴いということもあるかと思います。しかし、本体料金を一括負担消費者は心理的に高いと感じます。分割払いすることでその心理的影響は軽減されますが、それでも心理的影響はあります。そこで「2年後に機種を返却することで半額分もしくはそれ以上の価格を負担する必要はありませんよ」という謳い文句で消費者に錯覚を覚えさせて、心理的影響を除外しています。

 

 忘れていけないのは、残価設定型クレジットもローンの一種だということです。ということは、もちろん金利がつきます。しかし、金利というとまたしても心理的影響があるため、iPhoneの価格を通常価格より上げておくことで金利という言葉を使わないようにしています。

 

iPhone価格の真実

f:id:OT-Choco:20210918160935p:plain

Apple HPより

iPhone13miniの価格

docomo:¥98,208

Apple store:¥86,800

価格差:¥11,408

iPhone13の価格

docomo:¥111,672

Apple store:¥98,800

価格差:¥12,872

iPhone13 proの価格

docomo:¥142,560

Apple store:¥122,800

価格差:¥19760

iPhone13 pro maxの価格

docomo:¥165,528

Apple store:¥134,800

価格差:¥30,728

 iPhone13 miniの最低でも¥11,408の価格であり、iPhone13 pro maxとなると¥30,728も高く支払うこととなります。このことを考えると2年おきに最新のスマホへ変えていきたいという考えであれば良いと思うかもしれません。しかし、2年使用するのであれば、一括でApple Storeで購入し、格安SIM契約の方が安く済みます。

格安SIMのベストプランを探る↓

 

 スマホ使用者は、電話、LINE、スマホアプリ、ネット検索の機能があれば、ほとんどの人が事足りるのではないかと思います。人によっては、カメラが高性能の方が良いという方もいるかもしれません。しかし、SNSにアップされる写真は、カメラアプリの発達により、実物の原型を留めている写真が少なくなっている現状です。そのことを考えるとカメラにそこまでの性能を求めなくても、カバーできる可能性が高いです。

 

iPhoneを少しでもお買い得に購入する

 最新シリーズ(現在だとiPhone13)を購入するのでれば、Apple Storeで購入することが一番お得な方法です。しかし、昨年の機種などであれば新品でお得に購入する方法があります。それは、楽天Rebatesを利用することです。さらに毎年と同じ傾向であるなら、10月にApple Storeは、5%(通常時1%)の高還元になります。これを使用しない手はありません。つまり、楽天Rebatesを利用することで1%or5%の楽天ポイント還元があり、Apple Storeで購入することで通常価格であるため、約¥11000〜¥30000安く購入することができ、クレジットカードで決済することで1%分のポイントが付与されるということです。

楽天Rebatesは下記のサイトから↓

f:id:OT-Choco:20210918162732p:plain

楽天Rebates

 楽天経済圏は、このように楽天市場でのポイントを高めるだけでなく、アフィリエイトにも力を入れており、セルフアフィリエイトも可能であるため、是非活用することをオススメします。

楽天経済圏について知る↓

まとめ

 iPhoneシリーズを携帯ショップで購入すると、金利分が本体料金に上乗せされているため、通常価格より高く設定されています。そのため、iPhoneを購入される際は、一括でのApple Storeでの購入をオススメします。また、2年で変えたい方であっても、格安SIM業者の方が月々の料金が安くなるため、キャリアで契約するメリットは何もありません。そして、最新機種ではなく、昨年発売の機種であれば、楽天Rebatesを利用することが最もお得に購入できる方法です。

 

 

 今日はここまで...

関連記事

 自動車が一家に一台が当たり前となった現代、なくてはならない時代となっているように錯覚します。車の本質を理解し、本来の価値を思い出すことで、支出削減を図ります。

 ポイント経済圏は、現在2兆円もの規模を誇っています。ポイ活と言われる言葉があるぐらいなのでポイントが及ぼす影響力は強いものです。疑似通貨としての活用ができる点が大きいと思われます。その中でも楽天経済圏はポイントを貯める上で最適であり、生活圏でも利用しやすく、汎用性が高いため、オススメです。 

 

 これから、支出の最適化について投稿していこうと思います。支出の最適化と言っても、何から手をつけて言って良いかわからない。そんな方に見ていただけると幸いに思います。支出で最も負担になるのは固定費です。そんな固定費を削減することが支出の最適化で大きな影響を及ぼします。

応援クリック、読者登録お願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly