準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

定年までが投資期間ではなく、生涯が投資期間である-FIREだけに気を取られない考え方-

 

f:id:OT-Choco:20210807205152j:plain

 近年、Financial Independence Retire Early(FIRE:経済的自立による早期退職)が様々なメディアで取り上げられており、SNSでは投資家=FIREを目指す者のように感じられていることもあります。しかし、私たちが人生の中で豊かな暮らす手段であり、資本主義の恩恵を受けることが投資であります。そのため、必ずしも定年前に退職するFIREが正義とは言えません。自分の目標をはっきりとさせて、人生における投資生活を楽しみましょう。

目次

投資期間について 

 私たちは、20歳代から就職し始め、労働者としての人生を歩み始めます。人によっては、定年までの期間の中で年間支出の25倍の資産形成を行い、4%ルールに基づいてFIREもしくは老後を裕福に暮らすという考えの方もいるかもしれません。どこに目標を置くかは人それぞれだと思います。しかし、その目標によって投資期間は大きく変わります。

 早期退職したいのであれば、定年前に退職する前提となるので、就職してから30年程度が投資期間になるかと思います。しかし、現在30歳、40歳と年齢によってはFIREまでの投資期間は短くなるため、より高い運用利回りもしくは、より高い入金力が必要となってきます。そのため、自分の年齢を考慮し、リタイアするのであれば、FIREの時期を吟味する必要があります。

資産の取り崩し 4%ルールについて、学ぶ↓

 

多くのFIREを達成した諸先輩方は何かしらの収益を得ている

 FIREをしている方を見ても、完全にリタイアする人はほどんどいません。ブログ収入を得ている人やYoutuberなどの副業をリタイア前から継続している人がほどんどです。これは、サイドFIREという訳ではなく、完全にFIREしてしまうと時間がありすぎるからだと思います。24時間自由になるという訳ですから、何もしないままでは、認知症まっしぐらです。

 では、認知症予防に副業をしているの?という考えになるかと思います。それも違うと思います。今までは労働者で指示に基づいて雇用されていた状態(受動的)から自分から働く(能動的)という思考へ変化することで、労働に対してのストレスがなくなる、もしくは軽減するからだと思います。このように、FIREによる心のゆとりができ、意識変容が起こることで労働に対しての拒否感が減少するのだと思います。

 実際、FIREは経済的による早期退職であり、労働をしないとは明言していません。つまり、自由を得たことで、自由な時間を過ごすことができ、それを労働に充てようと、趣味に充てようと選択できるということです。私もFIREが達成できる状態になったとしても働き続けると思います。そのため、私の考えとしては、FIREのための投資ではなく、人生を豊かにするための投資として考えています。それを私は生涯投資と呼んでいます。

生涯投資家

 FIREを達成して4%ルールに基づいて、資産を取り崩したとしても私たちは、一生涯投資を継続する必要があります。さらに、老後・人生を豊かにするための投資として考えても、やはり一生涯投資をする必要があると思います。このように生涯を投資期間として考慮する人達を私は生涯投資家と呼んでいます。このように考えると投資期間は、平均年齢である80歳以上まで投資が可能ということになります。80歳代までの投資期間を考えると50歳代の方でも30年以上投資期間を確保でき、資産の最大化を図れます。そして、この世を去る時に次世代に資産を受け継ぐことができるかと思います。そして、何より「実践に基づいたマネーリテラシーや投資メソッドこそが次世代に継承できる最大の遺産」だということです。これを継承することで、次世代にもさらなる資産を拡大でき、より良い人生を過ごせるものと思います。

 

まとめ

 投資期間については、現在の年齢やFIREを目指す時期によって、目指すべき運用リターンや入金力が異なります。しかし、FIREを目指したとしても、諸先輩方は継続して収入を得ています。FIREは、自由を得ることで労働に対しての意識変容を及ぼすことが考えられます。私もFIREできる状態になっても、何かしらの労働をすると思います。私たちは、生涯投資家であり、一生涯投資し続けることができます。そして、自分の世代で築き上げた資産を次世代に引き継ぐことができます。「実践に基づいたマネーリテラシーや投資メソッドこそが次世代に継承できる最大の遺産」になると考えています。

 

 皆様の生涯投資家人生の祈って、今日はここまで...

関連記事

 チャート分析やファンダメンタルズ分析によって、株価を予測する事で成功した有名人はいます。しかし、誰でも再現可能な投資とは言い難いです。そして、そのような売買は手数料が高く、マイナスサムゲームとも言われています。

 「給与の大部分を投資に回すこと」と「支出の最適化」によって、30歳という若さでFIREを達成しました。この方法は誰でも可能であり、再現性の高い方法となっています。FIREに到達することはゴールではなく、スタートです。

 GPIFは、年金積立金の一部を運用しています。運用方法を安全に運用するため、長期運用+分散投資が基本であり、それにより+3.61% 95.3兆円もの収益を得ています。将来的には、現役世代の公的年金の一部として、補填される予定です。 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly