準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

お金を稼ぐ力を育てる4つの方法-支出よりも稼ぐ力を大きくする方が効果は絶大-

 

f:id:OT-Choco:20210812223353j:plain

 投資をするには、資金を捻出する必要があります。その方法として、支出の最適化や収入を増やすなどがあります。そして、FIRE(経済的自立による早期退職)を目指す人にとって、収入を増やすことで、FIRE時期を早めることができます。今回は、収入を増やすためにお金を稼ぐ力を育てる4つの方法について書いていきたいと思います。

目次

 お金を稼ぐ力を育てる4つの方法

  1. フルタイムの雇用-フルタイムの仕事をハックする
  2. 副業-2ヶ所から収入を得る
  3. 起業-副業の規模を拡大して、収入を増やす
  4. 投資-お金に働いてもらう

 これらの4つ全てに取り組むことが最もお金を稼ぐ力を育てることができます。また、お金を稼ぐということは、「フルタイムの雇用」を除いて、自分の裁量も一番大きくなってきます。一つの収入源に頼るということは、会社の倒産や業績悪化による収入の減少、リストラなどによって、収入源を失う可能性があります。しかし、複数の収入源を持つことで、何が起きても稼げる手段が少なくとも一つあるという安心感を持てるということです。また、収入源を複数を持つことで、いつでも自由に仕事を辞めることができるという、選択肢を持つことができ、何が起きても大丈夫という柔軟な対応が可能、仕事への自由裁量を手にすることができます。

 

フルタイムの雇用-フルタイムの仕事をハックする

 雇用されている状態という限り、他の人と比較して、頭ひとつ抜けだして、成功するのは難しいと思います。会社に所属するということは、時間的拘束であるため、裁量での仕事ができません。そして、結果を残して評価されたとしても、すぐには給与へ反映されません。給与へ反映される時には、一時的に人事考課でボーナスが増額する程度です。それは一時的な収入の増加であって、その後も同じ金額を貰えるとは限りません。昇進することも、役職に空き枠がなければ、不可能な状態です。何より、会社側は会社の規則に従ってコスト(給与)を出来るだけ抑えようとしています。

 フルタイム雇用にもメリットはあります。安定的な収入を得られることに加えて、新しい資格を取得したり、人脈を広げることができるという特典があります。また、福利厚生も提供してくれますし、社会保険料や厚生年金など労使折半してくれます。時間労働であるため、時間を提供しなければなりませんが、生活していく上で安定的な収入とは魅力的なものです。

副業-2ヶ所から収入を得る

 フルタイムの雇用での収入源に加えて、副業をすることによって、収入源を増やします。もし本当にお金を稼ぎたいのであれば、起業家になる必要があります。しかし、最初から起業家を目指すには、リスクも高いです。そのため、まずは副業によって収入を得る延長線上で収入が大きくなってきたら、起業という選択肢を持つことが良いと思います。

 私の考えの副業とは、「フルタイムの仕事以外でお金を稼ぐことの出来る全ての方法」と考えています。そのため、アルバイトでも良いと思いますし、フルタイムの仕事の延長で副業をすることも一つの手だと思います。結果的に収入源が2ヶ所から得られること、副業による収入があれば、成功です。

 

起業-副業の規模を拡大して、収入を増やす

 起業を行うのであれば、副業の規模を拡大して、収入を増やすことがベストです。いきなり、起業ではフルタイムの雇用もあるのに加えて、起業に割く時間が多すぎて、どちらが疎かになってもいけません。また、初期コストの高い起業ではリスクも高いため、まずは、副業を行い、その延長として起業する順番が良いでしょう。

投資-お金に働いてもらう

 収入源を増やし、毎月の収入を増やすことで投資資金が捻出できます。そして、投資をすることで、「お金に働いてもらう」ことで第三の収入源を得ることができます。FIREを目指す人にとっては、投資をしなければ、いつまでも自由になれないため、ここが最も重要な部分となります。そして、様々な投資法がありますが、米国株式のインデックス投資かつ積立投資こそが資産を最大化することができます。

米国インデックス投資で資産を最大化する方法を見る↓

経済的自立を目指すための両輪

 経済的自立を目指すために、支出の最適化と収入源・収入を増やすことの両輪がうまく回ることによって、経済的自立にいち早くたどり着くことができます。よく支出の最適化を言われていることがありますが、実際には稼ぎを増やすことの方が効果が大きいと言えます。そのため、支出の最適化・お金を稼ぐ力を育てることで、余剰資金の最大化が図れ、そこから投資資金を捻出することができます。

 

まとめ

 今回は、お金を育てる4つの方法を紹介しました。フルタイムの雇用は、安定的収入が得られる一方、収入を増やすことが難しいのが現状です。そのため副業によって、収入源・収入を増やすことができ、場合によっては起業することも可能です。このようにして、増やした収入から投資資金を捻出し、お金に働いてもらうことで資産の最大化を図ることができます。経済的自立を目指すのであれば、支出の最適化と収入源・収入を増やすことの両輪がうまく回ることで加速度的に資産を増やすことができます。

 

 今日はここまで...

関連記事

 教育という考えでなく、成功も失敗も全て見せる「共育」ということを推奨します。「勉強しろ」の真意は、人生の選択肢を広げることですが、私は「対人関係の取捨選択」だと考えています。教育こそが、最も投資すべき投資対象だと言えます。

 iDecoは、NISAと比較して、節税効果が高いものの、60歳まで引き出すことができないというデメリットも存在します。しかし、節税効果の高さから、メリットの恩恵の方が大きいと思われます。そして、SBI証券楽天証券を比較するとSBI証券の方が手数料の安い商品を多く取り扱っているため、iDecoの口座開設はSBI証券で行うことをオススメします。

 米国株式投資が選ばれる理由は、5つあり、それは将来的にも成長し続ける市場ということを裏付けています。また、米国市場は、年リターン平均9.0%(インフレ調整後6.8%)であり、暴落が起こったとしても、中央値2年最大5年で相場は回復します。15年投資し続けることができれば、損失を被るリスクは0%というデータからも米国市場への投資は、投資の王道であり、将来的にも経済成長し続ける信頼をおける市場だと言えます。 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly