準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

人はお金があれば幸福なのか?

 

f:id:OT-Choco:20210626231357j:plain

 お金がないから、幸せではないという考えの人もいると思います。しかし、経済的な豊かさと幸福度は比例関係とは言い難いです。しかし、一定の収入がないと幸福度が下がるということも事実なので、お金の本質を知り、経済的豊かさはそこそこで心の豊かさを上げていきたいですね。

 

目次

お金と幸福度の関係

 2010年にノーベル経済学賞受賞の心理学者ダニエル・カーネマンと経済学者アンガス・ディートンが発表した研究結果によると、収入と幸福度は、7万5000ドル(約820万円)をピークに、それ以上の収入を得ても幸福度は上昇しなかったと言われています。

 

 そう考えると、年収820万円なんて、よっぽどの高所得者層じゃないかと思う方も多いと思います。しかし、世帯年収では、共働きで二人とも正社員であるならば、年収800万円ある可能性は高いと思います。そして、この結果から、お金があることで物理的欲求は満たせるものの、心理的欲求が満たせないということがわかります。

 

けれどもお金が欲しい

 幸福度とは、関係なくお金が欲しいという方も多いと思います。それは、お金があることで得られることと避けられることがあるからです。

 

  • お金によって自由となる

 お金があるということは、「自由を手にする手段」ということ。お金があれば、高級車に乗れる/海外旅行に行ける/大切な人にプレゼントできる/FIREできる...と様々なことができると思います。確かにお金があることにより、欲求が叶う確率が高まります。

 

  • お金によって不幸が避けられる

  お金があることによって、空腹から逃れられる/冬に寒さから免れれる防寒着が買える/病気を治療できる...など様々なことが避けられます。特に病院受診というのは、日本に住んでいない方にとって、大きな問題となることがあります。日本は、国民皆保険制度によって、最大でも3割負担で認可されている治療であれば受けられるからです。

 

幸福度を維持するためには...

 私たちが幸福と感じるためには、健康/知識/人間関係/経済力が深く関わっています。そして、どれを欠いたとしても不幸と感じてしまうことは往々にあります。

 幸福度の関係は、健康×知識×人間関係×経済力=幸福度となると考えます。そのため、どれを欠いても幸福とは言えません。

 

幸福度を上げるためには...

 私が考える幸福度を上げるためには、人間関係と経験です。そして、これは両方が掛け合うことでより、高い幸福度となると思います。そして、その手段は旅行です。友人・家族と共に、旅行計画を立て、旅行先で出会う人や体験することで、より充実度が高く感じられます。そして、そういった充実した楽しいことは何年何十年経っても記憶されているものです。今まで体験したことを思い出してみてください。その時感じたことなどは、今も鮮明に思い出せるはずです。

 

 記憶というのは、自己の体験に基づいて、不快なことと心地よい体験をした時には、深く記憶に刻み込まれます。そういった体験を踏まえた心地よい記憶を多く残していきたいものです。

 

 今日はここまで... 

 

 

関連記事

 

 日本では金融教育は不十分。お金は悪しきものではない。本質を見極めるべき。 

  資産形成をしていく中で、自分がどの立ち位置にいるかを知ることは大切なことです。

 働きながら、投資することで所得の最大化が図れること。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly