準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

【速報】信頼度100%のHashRibbonのbuyサインが遂に点灯!!!!

 

f:id:OT-Choco:20210808150314p:plain

HashRibbon buyサイン点灯(2021/8/8)

 以前の記事でもご紹介させて頂いたHashRibbonが遂にbuyサインが点灯しました。このbuyサインが出現した時、過去は100%の確率で上昇しています。詳細は明日の記事をご覧ください。

 HashRibbonの説明を見る↓

 過去100%の確率で上昇するというデータを知っていたからこそ、レバレッジ投資を本日の記事でご紹介させて頂きました。このような情報を知っているかどうかが相場で利益を得るために大きく影響してくると思われます。

 詳細は、明日AM7:00更新の記事で。

 

 速報なので今日はここまで...

 

 暗号資産を購入するのであれば、購入手数料の少ないbitbankがお勧めです。販売所では手数料が高いですが、bitbankは取引所での取引であるため、手数料が最も安く、取引所としての取り扱い銘柄も多数あるため、オススメの取引所です。

bitbank

個人的には、ビットコインに限らず暗号資産全体的に積立投資を基本とし、資産価値として大きくなっていくようであれば、積立額を増やすと言う手法がオススメです。

 

 

 コインチェックであれば、積立投資の設定ができるため、日々の大きな値動きを気にする必要なく、ドルコスト平均法が実践できます。

コインチェック

関連記事

 リスク・パリティ運用は、低リスクの商品に対してレバレッジをかけることで、株式投資よりも低リスクで高リターンを達成することができます。しかし、暗号資産では値動きが激しいため、暗号資産×リスク・パリティ運用×ドル・コスト平均法によって、リスク低減を図っていきたいと思っています。また、暗号資産相場の転換点と考えているため、通常よりもリスクは低いものと考えています。

 米国証券取引委員会の見解としては、有価証券として容認しようとしているものの、厳格な法整備はまだ不十分な状態です。しかし、ブロックチェーンは革新技術であり、大きなった暗号資産市場を違法化する方が難しいため、未登録の有価証券であったとしても少額の投資であれば、投資妙味はあるかと思います。 

  投資をしていく中で、いかに手数料を安く抑えるかということが、利益の最大化を図るために重要なことです。暗号資産を購入するにあたっては、スプレッドという大幅な価格差があります。販売所と取引所の違いを理解した上で取引所を選択し、効率よく暗号資産を購入しましょう。  

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly