準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

【支出の最適化編】楽天経済圏を攻略せよ

 

f:id:OT-Choco:20210703134432j:plain

 ポイント経済圏は、現在2兆円もの規模を誇っています。ポイ活と言われる言葉があるぐらいなのでポイントが及ぼす影響力は強いものです。疑似通貨としての活用ができる点が大きいと思われます。その中でも楽天経済圏はポイントを貯める上で最適であり、生活圏でも利用しやすく、汎用性が高いため、オススメです。

 

目次

 ポイント還元率を最大に高めよう。

 楽天には、SPU(スーパーポイントアッププログラム)といったものがあり、ポイント還元率を簡単に増加させることができます。一時期よりプログラムの改悪がされているものの、他よりも優位性が未だに高いです。

最低限クリアしたいSPU

 最低限クリアしたいのは、楽天カード決済(+2倍)・楽天市場アプリ利用(+0.5倍)・楽天証券(+1倍)でのポイント投資(500ポイント以上)です。この項目であれば、誰でも簡単にクリアできます。これだけでもポイント還元率が4.5%になります。


 

追加でクリアしたいSPU

 追加でクリアしやすいものとしては、楽天モバイル(+1倍)・楽天銀行+楽天カード(+1倍)・楽天Beauty(+1倍)・楽天ブックス(+0.5倍)・Rakuten Fashion(+0.5倍)です。最低限クリアしたいSPUと合わせて、すべて条件達成すると8.5%還元となります。さらに楽天プレミアムカードだと+2倍になるため、合計10倍となります。しかし、楽天プレミアムカードは年会費がかかるため、注意が必要です。また、お得なのはSPU制度だけではありません。

 

キャンペーンを駆使する

 楽天市場には、キャンペーンがたくさんあります。これは、エントリーすれば恩恵を受けられるため、簡単にポイントを追加getできます。

毎月開催キャンペーン

  • 5と0の日キャンペーン(+2倍)
  • 18日のご愛顧感謝デー(+4倍)

f:id:OT-Choco:20210703142336p:plain

f:id:OT-Choco:20210703142347p:plain

 この2つのイベントは、毎月あるため、可能な限り、このどちらかのキャンペーンの日に楽天市場で購入するようにしましょう。これは、キャンペーンにエントリーするだけでポイント還元されるのでオススメです。できれば、18日の方がポイント還元率が高いので、そちらから利用し、利用ができない(イベント期間内でない場合)は、5と0のつく日の利用をオススメします。

 

f:id:OT-Choco:20210703143045p:plain

 楽天市場で購入する金額が大きかった月には、必ずエントリーします。上限ポイントが1000ポイントではあるものの、エントリーだけで済むのでエントリーしましょう。

不定期開催

  • 39ショップキャンペーン

f:id:OT-Choco:20210703143033p:plain
 39ショップキャンペーンは、不定期開催であるため、こちらも購入の際にあったら必ずエントリーしますが、あったらラッキー程度に思っておくと良いでしょう。

  • おまけ

 ヴィッセル神戸バルセロナ楽天イーグルスが勝利した次の日がトリプル勝利でポイント4倍になります。しかし、これは試合があるかわかりませんし、勝つかもわかりません。そのため、自分が購入する日に勝利していたらエントリーしておくぐらいの心持ちで良いと思います。

 

イベントを駆使する

 楽天には、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど毎月何かしらのセールがあります。こういったセールを駆使して、ポイントをできる限り稼ぎます。

店舗数を多くして、ポイントを稼ぐ

f:id:OT-Choco:20210703144006p:plain

 楽天市場では、いろいろな店舗で購入することで最大10倍のポイント還元率がupします。簡単にいうと各店舗で1000円以上購入し、10店舗をまわるだけです。では、どうやってたくさんの店舗をまわればいいのか...ということです。

生活消耗品を楽天市場で購入

 生活消耗品を楽天市場で購入することでポイント店舗数をまわるだけでなく、スーパーDEALによってさらにポイントの還元率が高くなります。生活消耗品を買いだめすることによって、一気に店舗数をまわり、スーパーDEALによって還元ポイントを稼ぎます。

これによって、SPU×お買い物マラソン×スーパーDEAL=27-49%のポイント還元率が達成できます。また、不定期開催のイベントも含めると50%以上ものポイント還元率を叩き出すこともできます。しかし、ポイント獲得には上限が存在すること、生活消耗品によってはドラッグストアで購入した方がお得な商品もあるため、注意が必要で商品に関しては、価格検証が必要です。私が購入して、検証済みの商品に関しては、下記ページで紹介しています。


 

ふるさと納税楽天市場で購入する

 ふるさと納税楽天市場で購入することで、さらにお得感を味わいましょう。ふるさと納税は、現在還元率上限30%となっています。しかし、ポイントで換算すると30%以上のお得感が味わえるということです。今まで説明したポイント還元率の達成やポイントでふるさと納税を支払うということです。

 ふるさと納税をポイントで支払うということは、ポイントで納税するような感覚です。しかし、ポイント還元上限値でない場合は、ポイントで納税するよりポイントを多く受け取った方が良いでしょう。ふるさと納税は生活消耗品もあるため、ふるさと納税で生活支出を減らすという手もありますし、単純に贅沢するという手もあります。

 

お得に楽天ポイントの荒稼ぎを行いましょう。

今日はここまで...

 

関連記事

 

 

 ビットコインは、株投資家界隈で敬遠されている投資商品の一つです。4年前であれば、そのリスクの高さから故、敬遠されるのもわかりますが、現在は投資商品としての地位を確立してきています。そのため、食べず嫌いではなく、しっかりと基礎を固めていかなければなりません。

 楽天証券SBI証券でクレカ積立投資が可能となっています。しかし、ポイント還元率は同率ではありません。楽天1%、SBI0.5%と楽天証券の方が優位性が高いです。上限5万であるため、資金力に余裕がある人は、両方利用すると良いでしょう。 

  積立投資にすることで自分では考えることが必要なく、自動化できることで、勝手に資産が形成がされていきます。そのため、投資に時間を使うことなく、自分の時間を有意義に使いながら、資産の最大化が図れるため、米国株こそが投資の最適解だということが言えると思います。 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly