準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

【支出最適化編】格安SIMベストプランを探せ。

 

f:id:OT-Choco:20210701215341j:plain

 これから、支出の最適化について投稿していこうと思います。支出の最適化と言っても、何から手をつけて言って良いかわからない。そんな方に見ていただけると幸いに思います。支出で最も負担になるのは固定費です。そんな固定費を削減することが支出の最適化で大きな影響を及ぼします。

 

目次

スマホプランは、格安SIMがオススメ

 格安SIMでは、キャリア3社(docomo,au,softbank)に比べて、料金が割安です。その代償として、使用できるギガ数が少なかったり、通話するたびに料金がかかるシステムであったりします。そのため、基本的には、WiFi環境下で使用する場合が多い方や使用ギガ数が少ない方向けのプラン見直し案になります。

  • 見直すと月々約5000円/人の節約になる

 キャリア3社では、一般的に月々の使用料金は7000円前後となります。しかし、格安SIMでは、2000円前後となり、約5000円の節約になるのです。また、格安SIMでは聞いたことない会社で心配などの意見もあると思います。しかし、キャリア3社の子会社であれば、回線をキャリア3社のものを使用するので回線スピードで不満に思うこともありません。未確認ですが、キャリア3社以外では、回線スピードが遅くなる会社もあるようです。

キャリア3社の子会社は、

docomo  →  ahamo

au            →  UQmobile

softbank →  Y!mobile

です。これ以外でオススメは楽天モバイルです。次に使用ギガ数ごとにオススメ会社を選定していきます。

 

使用ギガ数ごとのオススメプラン

 今回のオススメプランにあたり、オプションプランなどは計算外としています。また、基本的に2年以上使用する前提での計算となります。

使用ギガ数3G/月、15G/月

 使用ギガ数3G/15Gでは、UQmobileがオススメです。しかし、でんきセット割(UQmobile)、家族割(Y!mobile)を使用すると2社とも同額になります。しかし、Y!mobileでは、家族割であるため、単身世帯では、UQmobileだとでんきセット割が適応になるからです。ちなみに割引がないプランであってもUQmobileの方が割安です。

 結論は、でんきセット割が使用できるのであればUQmobile家族割を使用できるのであればY!mobileとなります。

*電話かけ放題プランを契約したい場合は、オプションでの追加で可能です。

 

使用ギガ数20G/月

 この使用ギガ数での料金形態では、ahamoしかありません。しかもahamoはこのギガ数の料金プランの1プランしかないので1社独占です。しかし、ahamoの使用ギガ数20Gというのは、¥2970(税込)であり、この金額は25GプランのUQmobile(でんきセット割適応)、Y!mobile(家族割)適応時と同額となります。ahamoのプランの差別化としては、電話5分間無料といった点です。

 結論は、でんきセット割・家族割が適応になるのであれば、UQmobileかY!mobileの方がギガ数が多いのでお得。しかし、5分間のかけ放題プランが欲しい場合は、ahamoの方がお得となります。

 

使用ギガ数1G未満/月

 これを提供している会社は、楽天モバイルの1社のみです。しかも、圧倒的な価格破壊となっています。使用ギガ数が1G未満/月であれば、なんと¥0なんです。しかし、1Gを超える場合には、¥3278(税込)かかってしまうため、確実に1G未満である場合に限り、このプランがオススメとなります。1Gを超えてしまい、月に28Gを超えて使用する場合にもお得です。しかし、注意点は、パートナー回線エリアで5G/月を使用した場合は、1Mbpsまで低下してしまうという点です。これは、居住エリアがパートナー回線エリアかを確認したのちに契約を検討した方が良さそうです。1Mbpsとなると動画再生などで支障をきたすため、やはり大型ギガであるのであれば、UQmobile or Y!mobileでさらにプランのギガ数を超えるのであれば、キャリア3社の超大型ギガプランにすることが快適に回線を使用することができるかと思います。

 

かけ放題について

 最後に「かけ放題」について、記載したいと思います。かけ放題でない場合、30秒20円かかります。UQmobileやY!mobileでは、かけ放題オプションが¥1870(税込)です。つまり、毎月47分以上電話をかけるのであれば、かけ放題プランの方が良いということです。しかし、仕事で利用する人以外、ここまで1ヶ月で電話する方は少ないと思います。そのため、基本的には、「かけ放題」オプションについては、オススメしません。ほとんどの人がLINEで電話する方が多いと思うので敢えて「かけ放題」オプションを契約する意味もないと思います。また、「楽天でんわ」のアプリを使用すると30秒10円で電話をかけられます。そういったお得なサービスを利用すれば、かけ放題プランの意味は少ないと思います。

 賢く支出の最適化を計りましょう

 

まとめ

f:id:OT-Choco:20210716215210p:plain

料金プランのまとめです。ご活用ください。

 

 今日はここまで...

 

関連記事

 積立投資にすることで自分では考えることが必要なく、自動化できることで、勝手に資産が形成がされていきます。そのため、投資に時間を使うことなく、自分の時間を有意義に使いながら、資産の最大化が図れるため、米国株こそが投資の最適解だということが言えると思います。

 ポイント経済圏は、現在2兆円もの規模を誇っています。ポイ活と言われる言葉があるぐらいなのでポイントが及ぼす影響力は強いものです。疑似通貨としての活用ができる点が大きいと思われます。その中でも楽天経済圏はポイントを貯める上で最適であり、生活圏でも利用しやすく、汎用性が高いため、オススメです。

 基本的に生命保険は「もしもの時の保険であって、資産形成や老後の生活保障のためではない」ということです。 そして、もしもの時の保険であるため、オススメの生命保険は、掛け捨ての定期生命保険もしくは収入保障保険です。そして、老後の生活保障のためには、長期の米国株式投資が最適解です。

 

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly