準貧困層の医療従事者がFIREを目指す金融教育ブログ

金融教育ブログ。準貧困層の作業療法士。ファイナンシャルプランナー(個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務)。

MENU

FIREを目指すために、自分にとって本当に必要なものを見つめ直す-大切なことに全集中-

f:id:OT-Choco:20210924235047j:plain

 FIREを目指す人は、自分にとって本当に必要なものを見つめ直す必要があります。普段、生活の中でしていることは、時間を無駄にしていることが多くあります。それは、無意識的にそうさせるように仕組まれています。

目次

 

時間は有限だからこそ、どう使うかが重要

 誰しも時間は有限です。だからこそ、限りある時をどのように使うかによって、FIREが近くなるのか/人生の充実度が異なってきます。FIREを目指すのであれば、どのように収入を増やすかを考える必要があります。それが、副業なのか、自己投資による本業での成功なのかはその人次第と言えます。しかし、人生の充実度を増すために、趣味や家族の時間を持つのも一つの手だと言えます。自分の目標や将来を考えて、今どのように過ごすかによって10年後,20年後が大きく変化してきます。

時間の使い方を工夫する

 時間も長期的な視点で見ていく必要があります。職場の同僚や先輩から飲みに誘われたとします。もし副業に時間を使うべきだと感じれば、その誘いを断ることでFIREという目標にさらに一歩近づけることができます。また、パートナーから映画を見ようと誘われたとしても、仕事が終わっていなければ、そちらを優先することで長期的に見て、それはお互いのためになると信じることが重要です。

 今投資した¥1,000が20年後¥10,000になるかもしれませんし、今日働いた1時間が将来の10,20時間の自由に繋がるかもしれません。このように考えなければなりません。私たちが今過ごす1分1秒が将来の自由に繋がるということを強く意識していく必要があります。

 

1日の中で不必要なもの

 生活の中で必要不可欠と思っているものでも意外と必要なものは多くはありません。これはミニマリスト的な考えかもしれません。本当に必要なものは、一握りです。私は一時期携帯料金が高いため、解約しようと思ったこともあります。Wi-fi環境があれば、わざわざ契約している必要があるとは思えないと思ったからです。結果的には格安SIMへ変更することで落ち着きましたが...。スマホは、便利であるものの、1日の中で最も時間を奪われるものです。通勤途中、始業直前、昼休憩、終業後と常にスマホを操作しています。この時間があれば、その空き時間を有意義に使えるのではないかと思ったのです。しかし、格安SIMにすることでギガ数が限られることでスマホを見る時間は格段に減りました。

 このように1日に時間を割いている事を考えて、その時間を省くことができるか検討する必要があります。その隙間時間で自己投資でも副業でも出来ないか考えることが重要です。

ミニマリストの考えを知る↓

 

FIREをいち早く目指すために必要なこと

 これは疑いもなく、支出の最適化と収入の増加です。支出の最適化は、工夫をすることで継続的な支出削減とつながるものもあります。そのため、最初に時間を投資してしまえば、後は自然と削減できるものです。そこから次のステップへと進む場合には、さらに支出を削減でき方法を検討する必要があります。

支出の最適化方法を見る↓

 収入の増加は、多くの人にとって頭を悩ませる課題です。よくブログやYoutuberなどがすすめられていますが、収益化にはかなりの時間の投資が必要となってくるため、収益化まで達することができずに心が折れてしまう人がほとんどです。もっと簡易的にアルバイトをするという手もあります。しかし、これでは労働に見合った収益と言えるかは疑問が残るところです。多くの人が一番手をつけやすいのは、本業の延長線上として、副業化を目指すことだと思います。そうすることで初期投資などのリスクを減らすことができ、収益化が望みやすいからです。

まとめ

 FIREを目指すために、自分にとって本当に必要なものを見つめ直すことが重要です。時間は有限だからこそ、取捨選択して、時間の使い方を考える必要があります。投資と同様に時間も長期的な視点で見ることで、本当に今すべきことが明らかになってきます。そう考えると1日で不必要な時間はスマホを操作する時間であり、今すべきことは支出最適化と収入増加です。そう考えて、日々邁進しています。

 

 今日はここまで...

関連記事

 資産形成をしていく上で基本的に収入と支出のバランスを考え、いくらなら投資に捻出できるか把握する必要があります。そして、支出を見直すことによって、投資資金の捻出金額が増えて、積極投資をすることができます。長期投資をしていく仕組み作りでは、投資の自動化が重要です。

 自己投資を疎かにすることで、経済危機の際に、リストラ対象となる可能性があります。リストラされてしまうとFIREどころではなくなってしまいます。そのため、自己投資をすることで会社に必要な人材として認めてもらう必要があります。また、努力を継続するには、共に切磋琢磨し合い、目標の共有できる友を作ることが重要です。意見を言い合える友を作ることができれば、生涯を通じて、かけがえのない友となるでしょう。

 金融所得課税の引き上げは、FIREを目指す者やFIREした人にとって大きな問題となり得ます。金融所得に対する課税額が増えることでFIREまでの期間が遠のき、FIREした人にとっては所得減少に伴う死活問題に発展する可能性があります。しかし、貧富の格差拡大による是正や金融所得が多い人が所得税が減少する逆転現象を疑問視しているため、金融所得がそこまで多くない人にとっては、影響は軽微かもしれません。結果はどうであれば、資本主義の原理から考えるに、投資をしないという選択肢はあり得ません。

応援クリック、読者登録お願いします。

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ にほんブログ村 投資ブログへ  follow us in feedly